モテないぼくが合コンに行ってきた!

どうもぼくです!

モテる要素がほぼほぼないぼくだけど、懲りずにまた合コンにいってきました!

まさに合コンの帰りの電車で一次リーグ敗戦の状態でブログを書いていますので、筆者の誠心状態が良くないため支離滅裂、自己中心的な文章が見受けられるかと思いますが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。

事の始まりは一緒に飲んでた友達に合コンあるけど来るー?と誘われたのがきっかけ。
用事もないし断る理由がなかったぼくは、二つ返事でイクゥと返事。

大体何でも参加するやつになってまへんか?

そして合コンの日程は華の金曜の夜!

ちょっとお洒落をして歯医者の予定もあったけど早々に済ませて街に繰り出す。

最寄の駅に到着し、男子メンバーと合流。

待て待て。

一旦待とうか。

ここで冷静になるぼく。

冷静になっても世間でいうイケメンしかおらんやないかい!!

長身でイケメンって、、、ぼくはなんてハードモードな人生を送っているんだろうとおもいました。
前世のぼくはすこぶるモテていたのか?と真面目に問いただしたくなる。

さらに冷静になり、男子メンバーと自己紹介をする。

それから遅れて女子が登場!

今回は5対5で行われる感じで、可愛い子もいればまぁ、、、愛嬌のある子もいる。

そしてぼくは思った。

あぁ、この子可愛い、、、と。

しかしぼくのしょうもない会話は彼女のハートを射止めることが出来ず、不甲斐ないぼくの代わりに相方が盛り上げてくれる。
まさにその場を仕切るMCのような人間か、単発でも爆発力があるような人が傷跡を残せると思いました。

しかし、大半はガンダムでいうと量産型のロボットでもあるザクと化してしまう。結局は他人の引き立て役になってしまうのである。
もちろん全てにおいてぼくがザクとなってしまう訳ではないが、異性を対象とした場ではそうなってしまうことが多い。
ほんとに多いんやで

この状況。これは個人的に非常に由々しき問題である。

そんな感じでまた結果を残す事が出来ずに寂しく電車に乗るぼくであった。

ちなみに明日は大人の文化祭で飲み会があるのでぼくがザクになるかどうか試してみたいと思います!

また報告します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です