体の悩み

天然パーマ・癖毛の悩みに実戦した対処法!

どうもぼくです!

いきなりですが、ぼくは天然パーマクセっ毛です。

天然パーマだけど天然パーマだねと言われると嬉しくない気持ちになります。

なので、クセっ毛だね。と言われた方がなんとなく気持ち的にも楽になります。

 

この髪質についてなんだけど、色々と苦労してきました、、、

なんで毎回クルクルになるんだ、、、

髪型が決まらない、、、

サラサラな人の髪と比べると艶が無くてなんか汚ならしく見える、、、

焼きそばみたいな髪型と言われる、、、

雨の日になるとさらに激しくうねる、、、

もうね、こんな感じで挙げると切りがないんだけど、自分の髪に対してのコンプレックスが半端なかった訳です。

 

いちいち髪の毛のことでうるさいなぁ。男なら黙って坊主にしろよ!と言われるかもしれません。

でも髪型も楽しみたいじゃないですか!

と言うことで、小さな頃から天然パーマで悩んでいた自分がどう髪質と付き合ってきて、対処してきたのかを書きたいと思います!

 

まず、この癖毛に悩み始めたのが小学4年生ぐらいからかな?

なんで髪がこんなにクルクルとしてるんだろうか?

 

この頃は髪の艶なんて知りませんでしたが、太陽の光なんかに当たると光の反射が綺麗じゃなくて気持ち悪かったです。

サラサラな人の髪が太陽の光に当たるとキラキラと輝く感じの綺麗さがあるじゃないですか!

 

この状況分かりません??

 

綺麗な髪やなぁ、、、って思います。

 

それなのに自分の髪質はうねうねしてるし、、、

 

思春期に入る頃にはさらに天然パーマという事がいやになりました。

 

そして中学に上がるともっと多くの同い年の人と接するようになり、前よりも異性を気にするようにもなってきた影響もあり、癖毛って嫌だなーと思う気持ちが強くなってきました。

癖毛はバカにされるので、なんとか癖を防ぐために、ぼくが最初にしたことはワックスで癖を誤魔化すことだった!

ワックスを付けることによって髪もまとまり、見た目も誤魔化す事が出来るようになりました。

しかし、癖毛はそれくらいで防ぎきれるものではありませんでした。

 

汗を書くと崩れてうねる。

 

雨が降ると湿気でうねる。

 

ワックスを付けると普段はましになるけど、上記のような状態になるとほんとに最悪になる。

その問題を解決する為に、髪にアイロンをすることにしました。

使ってみた結果、髪がある程度真っ直ぐになる!

これならイケルやん!

 

そんな感じでしばらくはアイロンを使ってクセ毛を抑えていましたが、ガッチガチにしてしまうと不自然すぎるぐらいに真っ直ぐになるので、今度は男子としては恥ずかしさがあった縮毛矯正をする事だった。

パーマを当てる事はカッコいいけど、男子の縮毛矯正はダサい、、、

そんな雰囲気が学校ではありました。

 

ぼく自身もそう思っていたけど、毎日の癖毛直しがめんどくさいのと手っ取り早く問題を解決したいと思ったからだ!

そしてお店に「縮毛矯正したいのでお願いします」と予約を入れ、縮毛矯正をしてきました!

 

まず、やってみた感想としては塗料の匂いが臭くて熱を加えるヒーターが熱かった!笑

仕上がりとしてはストーンって感じ!真っ直ぐすぎる!

こんなに真っ直ぐなのは気になる異性から見つめる瞳ぐらいでいいのになぁと思いました。

 

いきなりそんな真っ直ぐになると周りから言われるよね!笑

 

匿名さん
匿名さん
縮毛矯正した?
ぼく
ぼく
お、、、おう。

 

当時はこれがイヤだったなぁ、、、

自分の隠したいコンプレックスの為にしてたのに、クセ毛がコンプレックスでしたって言っているように感じたのでなんとも複雑な感じだったのだよ。

 

それからまたアイロンに戻し、学生生活を終えることに。

 

一度坊主にしたら髪質変わるよーとか言われてやってみたけど効果なし・・・

髪の毛を伸ばしてみるも逆にクセが強調される・・・

アイロン・縮毛矯正も一時的なもので解決しなかった・・・

 

このクセ毛と上手い事付き合っていかないといけないなぁと思い、月日は流れて社会人に。

大人になったという事もあり、短髪かっこええやん!と思うようになったのと、いつまでもクセ毛に悩まされる自分が嫌だったので髪を短くするようになりました。

 

これが自分的にも良くて、短髪も悪くないねー!という感じもしたので結局クセが出にくい短髪で対処することにしました!

ジェルとかでセットすると、これが何気に男らしくなった!!

髪質は変えられないので男らしく短髪でクセ毛と上手く付き合っていく!というのがぼくの対処法になりました!

まぁ、そんな事言ってますけど結局は髪質サラサラな人には憧れるんですけどね!(オードリー若林風)

 

ヘッ!!