指定過疎地域というワードを調べてみた!

どうもぼくです!

田舎から東京に上京してきたなんちゃって東京人のぼく。

都会の人ごみや満員電車に疲れつつ、田舎って人もごみごみしていなくてのんびりしていていいよなぁ、、、
なんて寒いときには夏が恋しくなり、暑いときに冬が恋しくなるような事を考えていた。

けど、そんな田舎と言われている所も「指定過疎地域」として存在が危ぶまれている。
ちょっとその意味を引用してみる。

「過疎」というのは、地域の人口が減ってしまうことで、その地域で暮らす人の生活水準や生産機能の維持が困難になってしまう状態を言い、そのような状態になった地域が「過疎地域」です。

分かりやすい説明ありがとう!ちなみに引用したサイトは下に貼ってあるよ!

その言葉に拍車をかけるようにニュースでは人口が少なく、、、少子化の影響で、、、都会に出ていく若者、、、高齢者の増加、、、

なんて言葉でこれからの状況も芳しくないようである。

また、「限界集落」という消滅寸前の町があったり合併されたりとその地域の歴史が終わりを向かえて行ってしまう。

前回のブログでも軽く説明しているけど、まだ若者と言われるぼくが何か出来ればなと考えているよ!

田舎と繋がる。新しいことを始めたいと思ったよ!

具体的にどうすればいいのか分からないけどとりあえずこの「指定過疎地域」にされている場所に出向いてみようと思う。

■全国過疎地域自立促進連盟
http://www.kaso-net.or.jp/kaso-map.htm

たまたまほんとにあったヤバい村みたいな感じで危険にさらされてしまう事もあるかもしれないけど、
まずは身近に行ける所に行ってその地域の人の話とか現状とかを見て聞いて記事にしてみようと思う!

あと人が手入れしていない場所は虫がやばいらしいのでこれからの季節、気を付けます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です