献血に行ってきた話をするよ!

どうもぼくです!

今日は献血に行ってきた話をしようと思います!
んー、まさに今このブログを書いている最中に献血をしているんですけどね!笑

そもそもぼくは子供の頃からギャン泣きしてしまうぐらいに注射が苦手な子だったんですよね。

でもそんな子だったぼくが、どうして献血なんかに行くことになったのか、そのきっかけとなった話をしようと思う。

それは、前職が関係するんだけど献血に携わるお仕事をすることがきっかけですねん。
今までは献血なんか怖くて出来ないし、血を抜かれるとか怖すぎでしょ!って思ってたんだよね。

でも、献血に携わる仕事をしているのにやったことないってのもまずいよなぁって思ったので、早速献血にし献血センターに行くことに。

それがぼくと献血の出会いとなりました。
ということで、次は献血の流れを話していきたいと思うのでよろしく!

献血センターに行くと、まずその日の体調やら睡眠時間、海外の渡航歴なんかも聞かれます。

それらの質問で、その日献血をやっても大丈夫な人かどうかを判断されて、問題なければ医師のカウンセリングを受ける。そして採決してから献血に。駄目だった人はそのまま帰ることになります。

そして、献血には2種類あるんだけど、赤十字のサイトから引用したのを見た方が間違いないので載せておく!

献血には、全血献血、成分献血があります。全血献血には400mL献血と200mL献血があり、血液中のすべての成分を献血していただく方法です。

一方、成分献血には血小板成分献血と血漿成分献血があり、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法です。ですから成分採血は身体への負担も軽く、多くの血漿や血小板を献血していただける特長があります。

日本赤十字社では、輸血を受ける患者さんへの安全性をより向上させるために、献血基準を満たした方には400mL献血、成分献血のご協力をお願いしています。

ということなんだけどお分かりかな?

また、200mmlより400mmlの方が一人から貰える血の量が多いので質的には好まれる傾向にあるらしい、、、

これは、たくさんの人の血が混ざったもので輸血するよりも、少ない人の血で混ざった輸血の方が安全で良いとされているかららしい。

また、せっかく勇気を出して献血しようと思ってたのに、条件を満たしていないが為に献血ができず悲しい思いをすることになるので、献血が出来る人。出来ない人の最低条件を書いてみました!

■16歳~69歳まで。400mLの場合は男性は17歳~69まで。女性は18歳から69歳まで。

■最小の献血の場合は男性は45kg以上。女性は40kg以上必要。

■海外の渡航歴で病気が流行っていた時期に渡航歴がある人はNG

■6か月以内に性行為をした人はNG

■3日以内に抜歯。または血の出る治療を受けた人はNG

■6か月以内にピアスの穴を開けた人はNG

■24時間以内にインフルエンザの予防を受けた人はNG

■輸血を受けたことのある人はNG

書くと結構細かくなってしまうんだけど、意外とこれはダメなのってやつもあるので行く前に電話した方が確実かも!後は採決次第だけど!

ちなみにこの赤十字のサイトにもっと分かりやすく書いてあるので、こっちも読んでみてね!

日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/donation/about/terms/
http://www.jrc.or.jp/donation/qa/

献血の条件を満たしていても、細かい部分は館内のスタッフが判断するので駄目だった場合は素直に出直そう!

そしていよいよ献血!

ぼくは400mL献血しかしたことがないのでその時の話を書くぜ!

まず、リクライニング型の椅子に座り、雑談をしながらスムーズに針を刺されて献血が始まります。

初めはチクッとするかもしれないけど、時間的には15分ぐらいで終わります。

割りと直ぐに終わります。スマホとか雑誌も持ち込んで読むことも出来るのであっちゅーまやで。

献血後は、急なめまいなどを防ぐために休憩していって下さいと言われるので、待合室に戻り、無料で貰えるアイスやジュースを飲んで長時間まったりする事ができます。

漫画とか雑誌とかもあるので時間潰しは出来ると思うよ!場所によればwifiもあるのでPCとかで作業してる人もいるぜお。

ざっと受付から帰るまで45分ぐらいかなー?帰りの催促はされないのでもっとまったりする事も出来るよ!

また、国内では一日に輸血を必要としている人は約3000人いて、この科学が進歩した現在でも、輸血に使用する血液はまだ人工的に造ることができず、長期保存することもできません。という事を知っていますか?

身近に出来る人助け。気軽なボランティアとして献血をやってみるのもいいんじゃないでしょうか。

でも自分の体が第一なので、無理しないように!!

長くなってしまうけど、ぼくは献血する度に顔が白くなってしまうので献血に向いてないらしい、、、
今回も献血が終わった後、顔が白くなって死にそうということで、初の点滴を打ってきました。

献血に行ったのに点滴って、、、情けないなーと思ったで。ほんとに。
これでも前日にBBQしてたくさんお肉食べて珍しく10時間も寝てきたのに、、、
看護師さんに気持ちは嬉しいけど献血には向いてないっていわれてしまったからね!次、献血しに行こうか悩むわー、、、

そして最後まで読んでくれた人に伝えたいことがあるんだ。

献血ルームには、結構可愛い子が来ますので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

お後がよろしいようで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です