雑記

第二回きずな出版主催の講演会に行ってきたゾ!

どうもぼくです!

今日の東京はめちゃくちゃ天気がいい!という事でツーリング日和だしどこか走りに行こうと思いながらも、事前に参加申し込みをしたきずな出版主催の講演会に向かうことに。

前回の第一回の講演会も参加したのでその時の様子もまとめてあるのでこちらから見れます。

あわせて読みたい
講演会に参加してきたゾ!どうもぼくです! 世の中には毎日充実してそうでいいなぁ~と思ったりする人や成功者というか、勝ち組というかキラキラしてるというか、な...

この講演会はどういう内容なの?って思うかもしれないけど、簡単に説明すると読者が著者の話を直接聞くことが出来るというもの。でもそれって結構貴重なんじゃないでしょうか?しかも講演会の値段が1,000円という格安な値段設定という、、、
なので家で昼過ぎまでゴロゴロするぐらいなら一度は行ってみてもいいかと思いますのでオススメやで!今後、値上がりしてたらごめん!笑

あっ、ちなみに講演会の告知だったり申し込みはここから出来るので行ってみようかなって人はここからチェックできますぜ!

きずな出版→ http://www.kizuna-pub.jp/

ということで、毎回こういう講演会とかに誘ってくれる友人と参加することに!
今回の講師は「言葉は実現化する」「リーダーの条件」などの著者でもある永松茂久さん。これまた男前で女性人気もあるようなのでここも要チェックやでぇ、、、

講演会の会場は第一回の場所と同じで600人キャパぐらいの広さでしたが、結構埋まってました。そして会場に来ている人はキラキラ系というか意識高い系の人が多いように感じました。

最近講演会に行くようになって思うんですが、やっぱりせっかくの休みの日なのにこういう自分磨きというか向上心を持って参加する人がこんなにもいるなんて、、、こりゃあ昼までゴロゴロしてたら差が付くよねって感じます。

そんな事を考えながら席で大人しくしているといよいよ講演の時間に。
今回も対談形式で進行していくということで、その進行役の司会が、前回のゲストでもあった岡崎かつひろさんでした。

「自分を安売りするのは今すぐやめなさい!」という本の著者でもある岡崎さんですが、実はこの本にはうんこって言葉が出てくるのでちょっと気になったという方は読んでみてください笑

そして、永松さん登場の前に、岡崎さんの軽いトークを交えながらいきなり、「皆さん、この講演会はただ座って聴いているだけじゃないですよ」的な事を言ってきました。これ、初見で言われたらちょっと怖い感じがしますが、自分の席の前後、あるいはお隣の人と軽く自己紹介しましょうって事で、振られるんです。ぼくは前に座っていた人と聞き手と話し手を交代しながら1分間で自己紹介をすることに。

これ、自己紹介する人が女性ならラッキーすけべぇも狙えるかもしれませんが、ぼくは男だったので普通に自己紹介しました。

ここでちょっと面白いことに。聞き手は魚の死んだ目をしながら相手に反応しないで自己紹介を聞くことに。逆に話し手はそんな状態の人を相手に自己紹介をすることに。普段、こんな自己紹介でそんな対応されたら絶対に仲良くなれません笑

これが一対一ならいいけど、厄介なのが大勢と居た時にされたら、、、
会議中とか、、、合コンの時とか、、、
リアクションとかもそうだけど反応が薄い人がいるとその人に意識がいってしまうため良くない、、、とかだったと思う!
なので聞き手の時はリアクション取ろうよって感じだったと思う!相手が自分の話にしっかりうなづいて聞いてくれてると不快にならないでしょ?腕組まれながら話聞かれたら警戒してんの?って思ったりするのでそういうところも意識するだけで人の印象とかも変わるからリアクションは大事だねって話でした。

それから、ようやくゲストの永松さんが登場。ちょっとチャラそうだけど話はいかがなものか。楽しみである。
岡崎さんと永松さんともう一人、きずな出版の編集長の小寺ゆうきさんも登壇し、3人で対談する形に。編集長の小寺さん。なんとまだ31歳。若くない?すごくない?

とまぁ、そんな感じで普段から交流がある3人の対談が始まりました。
ここでぼくのメモ出来たことを書いていきたいと思います。

・うまく行く人がやっていることは、上手くいっている人の近くにいる
例、、、ベストセラー作家になりたいならベストセラー作家の近くにいる。

・人に好かれるなら条件をつけたりして決めない
例えば友人と何かをやろうとしている時に条件を付けて、それならやる。それならやらない。という考えをしない。何かやろうとしていることに対して条件を付けないでやるかやらないかで決める。
分かりにくくて申し訳ないんだけど、ご飯奢ってくれるならデートしてあげる的な?

・上手くいくには上手くいく法則がある。
どのビジネス本を読んでも結局最後には言っている事とか、伝えたい事とかってそう大きくズレてない事って多くないですか?また同じような事いってんなーと言ってないで結局上手くいくやり方って同じなんだからさっさと行動しなさいって言ってました。

・これから人は会社名ではなく、自分個人がブランドになって生きていく。
例えば大手○○会社の○○です!じゃなくて会社名をとっぱらった個人名で通用する人になんなさいよってことでした。岡崎さんも前の講演会で言ってたなぁ、、、

・リーダーとは、自分が得た知識、経験を人に伝えられる。与えられる人。
この話はちょっと深くなるんだけど自分だけが得て幸せになってもしょうもない人間になるよ的な話でした。リーダーになりてぇっす。

・人生は誰と出会うかで大きく変わる。その中でどんな言葉を使うか。聞くか。
これも最近よく感じるようになったんだけど、周りから受ける影響ってとっても大きいから考え方とかも変わるし、将来どうなって行きたいとかも変わるし師匠と呼べるような人クラスにも出会えば教えてもらう事も学べることもとても多くなる。恋人とかも付き合う人でちょっと変わるよね?

・キラキラ系の集まり、向上心高い系の集まりの居心地
これは講演会もそうなんだけどいきなりキラキラしてる人達、向上心の強い人の輪に入ると居心地悪くてしんどいよね、疲れるよねって事なんだけど、でも頑張って行きたいけどどうしよって時は自分よりも居心地のいい人を見つけてくっつくといいよーってアドバイスがありました。ぼくも基本はキラキラ系が苦手なのでその気持ち分かりますやで、、、

・男ならダイヤになれ!
あのー、この話は一番シンプルでした。自分がダイヤのように輝いて価値が出れば可愛い人が集まりますって話でした笑。要はブランドになれってことでおk?

・心のステージ
心にはステージがあって今の自分がどの位置にいるのかという話。コップに水を灌ぐように例えてましたが、絵を用意しないと伝わりづらいのでビルに例えて説明すると、一番下のステージから。
1階が「自己否定」
2階が「自己肯定」
3階が「自己効力感」
4階が「自己重要感」
5階が「自己実現」
それぞれの心の状態で今、自分がどのステージにいるのか表すことが出来て、そのステージにいる人にはそのステージに合った言葉を使ったり行動したりするんだそうです。
愛だったりを注いでいくと階があがり、心も満たされていくんだそうです。
そして一番上の階に上がると心も満タンにコスモ石油ばりに満たされてそれ以上は上がないので人に貢献するようになるんだとか、、、(ここはコップの方が説明しやすい!コップに満タンの水を入れると溢れるように人に与えるようになる)

後は、今自分がどこのステージにいるのか知りたいときは今いる周りの人を見てみるとわかるそうですよ。これはちょっと深い話だったので一回では完璧に理解は出来なかったのが悔やまれる、、、

・世間の目、人の目を気にしすぎない。
何かをするにも人の目を気にしていると、本当にやりたいこと、したい事が出来なくなってしまうよって話。もちろんルールは守らないといけないけど、人の目ばかり気にしていたら結局どこに行きつくのか分からないよって感じました。
人間は現状維持が大好きな生き物だから頑張って変わろうとしても結局元いた場所に戻ろうとしてしまう。
今、まさにそんな状態のぼくなんだけど、今いる場所が当たり前なのでそこから出ようとすると大丈夫?って言われてしまう。けどその場所に居たら変わらない。今その葛藤の中にいるんだよなぁ。

そこでこんな話も。
会社員を馬鹿にしているわけじゃないけど自分は会社の先輩になりたいのか?
このまま歳をとるとただの会社員になるだけだぞ?
という話があって、それを分かってる気持ちと変わる事に対しての不安がいい感じに相撲してました。

なので、会社の外に出ていろんな人に会う。そしてもっと魅力的な人もいるはずだから。
たった一回の人生。最高にしないでどうするの?人生は器みたいなものでその器に何を乗せるかで決まるんじゃないって。空っぽな器じゃもったいないよ。欲張っていこうやって行ってました。
ほんとそれなんだよなぁ、、、モテたい!それなっ!