金持ち父さんのキャッシュフロー・クアドラントを読んでみた!

どうもぼくです!

どうも社畜です!タイトルにもあるけど金持ち父さんのキャッシュフロー・クアドラントというビジネス本。読んだことあるけど?名前を聞いたことはあるけど読んだことないって人もいて有名な本だと思いますがようやく読めました。

300を超えるページ数で内容がびっしりだったもので読むのに結構時間が掛かったんだけど、書いてある内容は今まで当たり前のように仕事をしてお金を稼ぐという考え方を見直す内容になってましたねん。

どんな内容だったかというと、4種類あるお金の収入方法であなたはどの種類にいますか?という事と、当てはまった種類から違う種類の収入にするにはどうすればよいかという事が書いてありました。
そこで、ぼくなりに参考になりそう!って思ったことをいくつかまとめてみました!

その前にここでまず初めに説明しておかないといけないことが、、、
本書で出てくる4種類あるお金の収入方法を書いておきますね。

1、E=従業員( Employee、会社に勤めていて給料をもらう人)
2、S=自営業(Self-employee、独立して生計を立てている人。医者や弁護士など)
3、B=ビジネスオーナー(Buisines Owner、システムを管理する人で、アパート経営や店舗のオーナーなど)
4、I=投資家(Investor、株などで投資をしてお金に働いてもらいお金を稼ぐ)

1と2は労働収入でお金を稼ぐ。本書では左側として分けられている
3と4は権利や不労所得でお金を稼ぐ。本書では右側として分けられている

ということで、大体それぞれの種類からどのように収入を得ているのか書いてあるので1種類でしか収入がない!という人は、違う種類の収入方法を知ることが出来るので参考になるかと思います。

例えばだけど、ほんとに極端に言うけど東京から大阪に行くのに毎回歩いて行くしか方法がないと思っていたけど、実はもっと早く簡単に行けて車や新幹線、飛行機でも行けるよーみたいな感じ?
お金の事になるとなんか盲目になるというか行動することが臆病になるよね、、、ぼくのことだけどさ(^v^)

って話が長くなるから参考になる!って思ったことをさらっと書き殴っておく!

 

・私が求めているのは仕事に依存した経済的安定ではなく、収入を自分の労働に依存することのない経済的自由を求めていた。

・従業員として一生懸命仕事をしても、定年を迎えたらあるか分からない年金に頼ることになる。また、それが尽きると誇り被った履歴書でも出して老いた体でまた仕事をしないといけない。

・*時代は変わりつつあるので投資するIクアドラントに移る必要がある。
仕事を引退後は、政府や子供たちが生活の面倒を見てくれると信じているならこの本は意味がない。

・このクアドラントには、左側が安定を求める気持ちを表し、右側が自由を求める気持ちを表している。

・BとIで成功した人はお金と時間が増える。EとSで成功すればお金は増えるが時間は減る。

・自由と幸福を求める人はたくさんいるが、大抵の人はBやIで活動する訓練を受けていない。代わりに仕事によってもたらされる安定を求める訓練を受けている。

・仕事の安定に依存している場合はE、Sで仕事をする一方でB、Iについて学ぶものいい。チャンスが訪れたときに自信をもって行動に移るようにする。99P

・退職後に何千万とお金を持っていても安心できないのは、そのお金は仕事から生み出したお金だから。

・右側にいきたいならまずはBに行ってみてください。そしてよいビジネスを見極める力をつけなさい。

・あなたの会社の社長があなたをお金持ちにしてくれるのではなく、あなたの仕事がお金持ちにしてくれる。金持ちと貧乏な人の唯一の違いは暇な時間に何をするかだ。

・自分がやりたいと思っている事を既に成し遂げている良き師を見つける。

・Bタイプになるには、システムをもっていること。あるいはシステムをコントロールする権限を持っていること。他人の上に立ってリーダーシップをとる能力を持っていること。

・右側に行くには自分に自信を持つ事が不可欠だ!

・資本を集めるのが簡単かどうかは、Sでの成功とBでの成功との間の最大の違いのひとつだ。Bで成功すれば人生は楽になる!

・お金を貯めることは、なにも学ぶ気持ちのない人の為の戦略。

・BやIの考えでは、持ち家はキャッシュフローを生み出さないので資産とは見なされない。

・儲けが出るのは買ったときで、売ったときではない。

・お金には人を中毒にする力がある。人に雇われて給料をもらうとそうやってお金を手に入れることに慣れてしまう。

・お金のことになると大抵の人はお金持ちと同じことをしようとする。

・夢をもちつづける。自分のやりたかったことの情熱の炎を消さない。

・クアドラントを移動しようとしてる人にとって大事なのは、他のクアドラントで論理的に思えることが他のクアドラントでは通用しないことを忘れない。

・右側に行くには、まずはゆっくり一歩ずつから。

・貧乏から金持ちになった共通点は、長期的な見通しとプランを持っている。あとからになって報われることが肝心。

・なぜ、Iに行く前にBにいくかは、ビジネスオーナーや投資として必要な技術を学び経験を積む必要があるから。

・エベレストに登ろうとおもったら、誰でも経験者を探してアドバイスを求めるが、お金の世界でエベレストに登るときはほとんどの人が自分自身が沼地にはまっている人にアドバイスを求めてしまう。

 

ざーっっと書き殴ったけどぼくが参考になる!と思った個所でした!
とりあえずお金はイケメンになるよりも大事ってこったな!(^v^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です