雑記

グッドドクター、良いドラマでした!

どうも秋尋です!

現在、たまに訪れる無気力期間に到達しました!

現象と言えば、いつもより疲れが出やすくなってやる気がなくなる!笑

 

この気分の改善方法はとりあえずバイクで出掛ければ多少良くなるんだけど、平日は仕事の為出掛ける時間のある週末は雨・・・

雨だと基本的に出掛けたりしないようにしているので、今の状況はよろしくない状態なんですねん・・・

 

連休最終日に飲み会があるのにこのテンションだとヤバいなーと思っている次第でございます。

さて、そんなパッとしない気分の時にしたくなる行動のひとつにはお酒を飲むという行為。

深く物事を考えなくてもいいので気分も楽になります。

 

べ、、、別にやさぐれる訳じゃないからね!笑

ほんとはバイクでどこか走りに良ければいいんだけどねー。

 

普段家ではお酒を飲まないぼくだけど、会社のお歳暮とかでもらうお酒が残っていたので、グデッとダラッとしていたこともあり一人で宅飲みすることに。

そして今宵のおつまみはから揚げと湯豆腐ときゅうりのキューちゃん!


東海漬物 きゅうりのキューちゃん 100g

 

もちろん飲むお酒は・・・・

 

ドゥンッ!

 

銀色の奴!!


アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本

 

これ一本だけね!

 

まじで家では一本飲むくらいでもういいやってなってしまうぐらいに飲めないのよ!

外で飲むときはまだ飲めるけど家だと飲めないのは何故なんだろう・・・

 

そんな感じでちょっとダラダラしている自分にモヤモヤしながらお酒を飲むぼく。

 

宅飲みの時は大体YouTubeで動画を観てるかドラマを見ているんだけど今回観ていたのは、見逃ししていた「グッドドクター」の最終回。


グッド・ドクター DVD-BOX(特典なし)

人の気持ちを汲み取るのが苦手な自閉症が小児科の医師が主人公で、日々病院に搬送されてくる患者と医師が命と向き合う話になっている。

 

そして最終回・・・

 

不慮の事故で搬送されてきた患者は手術は成功したものの脳死となってしまった少女。

 

残された命の時間は一週間。

 

そんな少女の為に親が出来る事をまとめたノートを医師が差し出すも、その項目にはドナー提供の記述が・・・

 

突然訪れた娘の出来事に混乱するあまり激怒する親。

 

そこで担当を変えてくれと申し出があり、自閉症を抱える主人公が新しく担当することになる。

泣いて悲しんでばかりいる両親の姿をみた主人公はこう言います。

 

「お父さんとお母さんと悲しい時間を過ごすより、楽しい時間を過ごしたいと思っています。」

 

そして一度は捨てられたあのノートを差し出します。

 

その言葉を聞いた親はある決心をすることに。

 

「このまま死んでしまうのなら、娘の体の一部がどこかで誰かの中で生き続けてくれるならドナーを提供してその人と一緒に生きてもらえるなら。

そして、来年も再来年も誕生日が祝えるなら。」

そう思えたので、娘のドナーを提供をすることに。

 

文字で書いても辛くなるけどこれが実際にあったりする話なんだと思うと結構泣けてきます。

 

ぼくはドラマを観ながら気が付けば缶ビールを一本開けてしまっていたのであった。

医療系とか動物系の奴は涙腺に来るからあかんで・・・

 

今はこうして健康にブログーなんて書いているけどいつか予期せぬ事故とかで知らぬ間にぽっくり逝ってしまう事もあるかもしれない。

ドラマとは、非日常であって日常を教えてくれているのかもしれない。

 

新ためて医者ってすごい仕事なんだなぁーって感じました!

あと上野樹里がこんなに可愛かったのか!と思う作品でした!笑