雑記

一人回転寿司、くら寿司に行ってきたけど感想書きます!

あのー、1ヶ月に2~3回はお寿司が食べたいなーという気持ちになったりしませんか?

僕はなります。

別に高価な回らない寿司屋とかじゃなくてもいいんです。

回っているお寿司でいいんです。

 

そんな回っているお寿司のお店と言えばスシロー、かっぱ寿司、くら寿司がありますよね。

お値段もお手頃でお財布に優しい。

なので月一ぐらいでお世話になっています。

いや、、もしかしたらそれ以上かもしれない、、、

そんな手軽に食べれるお寿司を提供してくれるお店ですが、1人で入るにはどうでしょうか?

僕の家からだと一番近い回転寿司はくら寿司なんですが、店内で食べるにはちょっと抵抗があっていつもお持ち帰りセットを頼んで家で食べていました。

しかし、お持ち帰りセットだとネタが決まっていますので、ほんとに食べたい数のネタが食べられません。

サイドメニューの茶碗蒸しもありません。

そこで思ったのです。

やっぱりお店に行って好きなネタを好きなだけ食べたい!

そうと決まればお店に行くしかない!

ところがここで問題が発生しました。

一緒に行ってくれる相手がいない、、、

という事で、誘う相手もいないので1人で行くことになります。

そんなボッチの僕が一人回転寿司に行ってきた事を記事にしてみました!

 

1人回転寿司をしている人の印象

まず、1人回転寿司に行く時に頭によぎるが、1人回転寿司をしている人はどういう目で見られているのだろうかということだ。

世間では1人〇〇はどこまで出来るか。なんてアンケートをしたりもする。

まるで1人で何かをする事がおかしい事だというような印象も受ける。

ヤフー知恵袋なんかでも一人回転寿司はおかしいですか?という質問も見受けられるので、一人で回転寿司屋さんに行くことが躊躇われてる事が分かります。

 

だけど個人的には1人で〇〇をしているので1人だから気を使わなくてもいいし、自分のペースで楽しむ事もあると思います。

1人だと寂しいように見えるけど、実は充実している人も入るよという事を知っておいて欲しいと思います。

 

1人回転寿司に行く前の心境

1人外食にはラーメンや牛丼屋が定番でありますが、一人回転寿司というのは先ほどのお店と比べると一人で入るには明らかに難易度が上がるお店になる。

回転寿司と言えばお値段も手軽な事からお客さんが多く、ファミリー層にも人気な飲食店になっている。

なので小さなキッズがたくさん店内にいます。

もしも1人で食べている所をキッズに見られたら、純粋無垢なキッズはこう言うだろう。

ねぇ!パパ!あの人1人で食べてるよー!あはははは!

悪意のない言葉が周囲の人の目を惹き付けるかもしれない、、、

想像するだけでも足がすくんでしまう、、、

だが、慌てるな。

僕は一人焼き肉を経験した男だ。

平常心を保つんだ。

牛角での1人焼き肉で一体何を学んだんだ?

思い出せ。

今一度自分を奮い立たせ、食べたいお寿司を食べるという確固たる目的の為にお店に向かうのであった。

あわせて読みたい
一人焼肉に挑戦してきたけど精神的にどうだったのか書きまとめてみた!どうもぼくです! 突然ですが、焼肉はお好きですか? 仕事を頑張った時 良いことがあった時 嫌な事...

行ってきた1人回転寿司のお店はくら寿司

今回食べに行ったお店は回転寿司の有名チェーン店として名を連ねるくら寿司。

大体お昼や夜ご飯時には駐車場がいっぱいになっている光景を目にする人気店でもありますが、ガチャガチャのビッくらポンがある事でも一目置かれているお店だ。

行くお店を決めたら、店内が混み出す前にお店には入っていたかったので仕事終わりの18時頃に行ってみた。

 

店員
店員
いらっしゃいませ!何名様ですか?
ぼく
ぼく
1人です!
店員
店員
かしこまりました!カウンター席でも宜しいですか?
ぼく
ぼく
はい。大丈夫です!
店員
店員
それではご案内致します!

 

時間帯のお陰か、店内はそこまで人がいなくすんなりと席に案内されました。

いつも持ち帰りで訪れるときは19時以降だったからちょっと混んでるイメージがあったけど、18時台なら空いてるという情報をゲットした!

いつもこのぐらいの人数なら気軽に来れるなぁ。

 

カウンター席にはお一人様の大人が2人いました。

特に気にすることなく、カウンターに座る。

 

さて、ここからはもう回りの目を気にすることなんてない!

ひたすら食べたいものを頼む!

世の中便利なもので、今じゃタッチパネルで簡単に注文できるのがいいよね!

 

まずは落ち着いてお茶を入れる。

一呼吸入れたら早速注文!初めはイカ!そして納豆巻き!

そうきましたらサーモンもいっちゃいますか!

 

お持ち帰りと違って自分の食べたいネタだけを好きなだけ、好きなタイミングで頼める、、、

最高だ、、、

 

頼んだものもそんなに時間が掛からずに届くのでストレスなんてない。

さて、そんな調子でお次は何を頼もうかなぁと悩むのもまた大人の一興である。

 

周りの目はどうだったか?

一通り食べたい物を食べる事が出来た幸せを噛みしめていましたが、やっぱりちょこっとだけカウンター越しに視界に入る家族連れは気になりました。

何か言われるとか、視線を感じる事とかはないけどこちらが少し一人だという事を気にしてしまっている感じになってしまいました。

なんせ、店内は子供たちが楽しそうにはしゃいでいたので周りは結構ガヤガヤしていました!笑

こちらもキッズに負けないようにもっと堂々と食べれるように精進しないといけないと思いました。

お店に入ったら気を付けたいこと

特に書く事でもないと思いますが、お金を持っていく事。

1人なので自分でお金を払わないといけないのでうっかり財布を忘れてしまった、、、なんてミスは絶対に避けなければなりません。

あとは調子にのって一気に頼みすぎるとすぐにお皿が来たりするので、テーブルの上がお皿でいっぱいになってしまいます!笑

1人回転寿司を経験して感じた事

今までお持ち帰りで食べたい寿司ネタを我慢していたけれど、ちょっと恥ずかしさもあったけど自分の気持ちに正直になって一人で回転寿司に行けた事で、またひとつ自分の殻を破ることが出来たと思いました。

あと、くら寿司では楽天のポイントカードとかポイント払いも出来るのでうっかりポイントで支払いそうになりました!笑

一人焼肉を制し一人回転寿司を制したので、次もまた一人○○を制したいと思います!

それではまた次の記事でお会いしましょう!