ライフスタイル

【布団から出れない!】寒い朝にやっておきたい7つの対策!

どうも秋尋です!

 

夏、終わりました。

ということで、これからは秋が来てあっという間に冬が来る季節。

そう、寒い季節が到来しますね!ガクブル

 

そうなると朝が冷え込んで布団から出られない、、、


そしてこんな気持ちになってしまうのではないでしょうか、、、

 

仕事に行きたくない!

用事をすっぽかしたい!

布団の優しさに包まれていたい!

とにかく寝てたい!

猫になりたい!

などなど、、、

こんな思いが強くなりませんか?

 

それでも起きないと行けないのが現代社会の闇の部分。

今回は、そんな朝でも布団から出られるようになる為にやっておきたい事を紹介したいと思います!

 

カーテンを開けて陽を浴びる!

人は昔から日が昇れば起き、日が沈むと寝る。という生活をしていました。

なので、朝はまず太陽の光を浴びて目を覚ましましょう!

他にも部屋が明るくなるので起きなければ行けないと思うので、個人的にも効果が現れているのでおすすめします!

部屋の温度調整をする!

冬の布団から出られない理由には、眠い、寒いが大半を占めていると思います!

寒いと熊はエネルギーを無駄に消費しないように冬眠しますよね。

 

人間も同じように寒いと冬眠のようにエネルギーを温存しようとします。

なので、冬眠状態の体から活動出来る体にする為に温かい環境を作ります。

 

そこで、布団の温もりの差を縮める為に室内温度も暖めておきましょう!

起床の30分前に暖房が付くようにタイマーを掛けておくといいでしょう!

無駄な夜更かしはしない!

眠い原因には睡眠が足りない。眠りに着く寸前の行為が原因になっているのではないでしょうか?

夜5分早く眠れば朝の5分に回すことができます。

就寝前のスマホを触る行為を止めれば寝付きもよくなり早く眠ることができます。

炊飯器でご飯を炊いておく!

朝、眠い時に炊飯器からの炊きたてのご飯の香りがすれば美味しい朝食を食べるイメージが出来ます。

これで朝ごはんを食べて体と脳も起きれるようになります。

 


象印 炊飯器 3合 IH式 極め炊き ステンレスブラウン NP-GG05-XT

就寝前に枕におまじないをかける!

これはぼくがラジオの制作会社にいた頃に聞いた話になりますが、夜寝る前に、自分の枕を起きる時間の回数叩きます。

例えば朝の6時に起きるなら6回枕を叩きます。

「ポンッ、ポンッ、ポンッ、ポンッ、ポンッ」

明日は朝の6時に起きるぞ!と声に出して言います。

そうすれば、寝坊せずにきちんと起きられるようになります。

実際ぼくもやっています!笑

アラーム解除の条件付き目覚まし時計を使う!

朝、目覚ましで起きても二度寝してしまっては意味がないですよね。

そこで、朝起きられない人や二度寝してしまう人でも布団地獄から抜け出せるよう作られた特殊な目覚まし時計を使いましょう!

いくつか紹介しますね!

まずは「フライングアラーム」

設定した時刻になれば頭のプロペラが飛び、目覚まし時計の頭に差さないと鳴り止まない使用になっている。

電池を外そうにもドライバーを用いないと外せないのでアラームを停めるには布団から出るか電池が切れるまで待つしか方法はありません。

 


【ノーブランド品】 フライングアラームクロック(空飛ぶ目覚まし時計) 絶対起きれる 最強 おもしろ 目覚まし

 

次に紹介するのは「かくれんぼクロックちゃん チャレンジ」

見た目はとてもキュートで、さらにアラームの音も子供の可愛らしい声になっている。
可愛らしい声に「起きてー!時間だよー!」と言われれば、思わず布団から出てしまうかもしれません!笑


かくれんぼクロックちゃん チャレンジ (ブラック)

布団の中でストレッチ!

目を覚ましても頭がぼーっとしていると中々布団から出られない状態になるのではいでしょうか?

そこで、布団から起き上がるよりも簡単に出来る動作を紹介します。

布団のなかで手をグーパーしたり指をクロスさせたりするだけでも体温が上がるので、体も温まり布団から出やすくなります。

まとめ!

以上が、寒い朝でも布団から出られるようになるためにやっておきたい事でした!

何度も布団の優しさに負けてしまい、ギリギリまで寝ている人や朝に弱いという方は、参考にしてみてはいかがでしょうか!

個人的に、枕のおまじないをおすすめします😋