街コン・飲み会に参加したお話

しばらく人と接していなかったけど飲み会に行ってきた話

どうも秋尋です!

週末マジで家でダラダラしてました!

買い物以外だと誰とも会わずね!

 

こうもダラダラー、人とも会わないとちょっと人とのコミュニケーションの取り方を忘れるよね!笑

今がそんな状態である。

ハンターハンターで言えば絶の状態だ。

だがしかし、以前から約束していた飲み会の話があったので、コミュ力が限りなく低い状態で知り合い1人しかいない飲み会に参加することになっていました。

 

ちなみにまたまた、行きの道中で記事を書いています。

 

その時の内心のぼくの心はというと、、、

はぁー、この絶の状態で楽しく会話なんて出来るかいな、、、

また愛想笑いで過ごす悲しい時間になるんやないのんか、、、

行って会費だけ払う奴になってしまわん?

そんな気持ちで自分と自分以外の人を楽しませる事が出来るんかいな、、、

 

ぼく、こんな気持ちで大丈夫?

もうね、こんな負のオーラしか纏ってない訳よ。

 

しかも外は結構のどしゃ降り。

行く前からかなーりの不安があるンゴ。

 

さてさて、そうこうしていると目的地でもある京橋駅に到着。

会場は割りと庶民的なお店でもありつつ気張りなくてもよさそうなお店。

 

 

お店は20時からだったので、三連休の最終日としてはちょっと辛い時間帯になっている。

そこで合流したメンバーを見てみると、、、

 

友達と前にあった事がある友達!

これはいいんじゃなかろうか?

 

そして時間は過ぎたけどメンバーが全員集合!

雨のせいもあって、当初20人ぐらい集まる予定だったそうなんだけど、

男性が6人

女性が4人

 

こんな悪天候の中、この人数はそんなに悪くないのではないかな?

(雨がひどすぎるのでほんとはぼくも行くの止めようと思ってた!笑)

 

そして集まったメンバーを見て何故か落ち着いている自分がいる。

この雨がそうさせているのだろうか?

 

集まった女性はというと可愛さと綺麗さがある感じだ。

そんな人たちを前にしているのに何故だろう。ぼくはまだ落ち着いている

 

それはきっとこの大雨がそうさせているのだろう。

 

メンバーとそれぞれが自己紹介を済ませ、軽く談笑している。

作詞もしているぼくのポエマー心を雨がくすぐったのだろうか。

どうしても言いたいことがあった。

そして、おもむろに会話の中で言ってみたんだ。

この台詞を。

 

今日はこの大雨の中、こうやって集まっているとみんながこのひとつ屋根の下で雨宿りをしているようだね。

 

決まった、、、、

これは笑いになんか変えられないぐらいその時の空間を優しく包み込んでくれた。

 

ありがとう。

 

その時ぼくは思った。

 

今日は自己中に行こう!!

 

そんな感じで、一度大きな存在感を示してしまえば会話に入っていくことも簡単に出来るようになり、最初抱いていた不安もなくなり楽しく会話が出来るようになった。

 

もちろん独壇場で場を荒らしていたわけじゃないさ。

 

引っ込むところは引っ込み、出てもいいかなーと思うところでは会話をする。

これはお酒の力を借りている訳ではないと思う。

 

でもこのスイッチの切り替えのトリガーがわからないから次回の飲み会ではどうなることやら、、、

 

そして飲み会から二時間、終わってみたら楽しい時間だった。

今度は社会人がする運動会があるのでその時にまた楽しめるのかどうか不安ではあるけれど、心のスイッチを切り替えて楽しんでみようと思います!

 

あ、そういえば楽しみすぎて女性と連絡先交換してないや、、、

 

ちょっと気になる人がいたので友人に頼んで連絡先を教えてもらえるかきいてもらったんだけど、結果はどうだろうか、、、

進展あればまた報告します!