ライフスタイル

【ワカコ酒】観れば思わず一人酒したくなるお酒ドラマ!

どうも秋尋です!

お酒は好きですか?

ぼくはどちらかと言えば好きな方になりますが、家では滅多に飲みません。

 

だがしかし、たまにすごく飲みに行きたくなる時があります!

 

そんな時、誘える友人がいれば誘って一緒に飲みに行く事が出来るんだけど、中々いつもそういう訳にはいかない。

そして1人で飲みたいときもある。

でも1人で飲みに行くのはちょっと・・・

恥ずかしい気もする、、、

ハードルが高い、、、

そう感じてしまう事もありますが、、、

んー、でも今日は飲みたいんや!!

 

そんな気持ちの背中を押してくれるドラマを紹介したいと思います!

そのドラマが「ワカコ酒」!

 

元々は漫画で連載されている作品なんだけど、人気のあまり、アニメ化!ドラマ化!してしまった作品です!

物語の内容は、仕事中もお酒の事を考えてしまうお酒好きの26才のOL、村崎ワカコが主人公。

公式サイトでの説明ではこうだ!

村崎ワカコ26歳。酒飲みの舌を持って生まれたがゆえに、今宵も居場所を求めてさすらう、女ひとり酒。

村崎ワカコは酒と料理が何より大好きな26歳。
偶然見つけた店でも、勇気を出して一歩足を踏み入れる呑兵衛女子である。
ワカコは職場での出来事に想いを巡らせたり、他のお客さんたちの会話に耳を傾けたりしながら、酒場での独り呑みの楽しみを満喫している。

時にはこれと決めた料理と酒に舌鼓をうち、時にはまったりと旬の料理とお酒を嗜み―
そんなワカコの酒との付き合いを優しく見守る友人や会社の同僚、行きつけの店「逢楽」の大将ら、周りの人々。

酒と料理がぴったりと合わさった刹那、全身が高揚感に包まれた彼女の口からは、思わず「ぷしゅー」と吐息が漏れる。
ワカコ、至福の瞬間である。

 

お酒と料理を楽しんでいる様子が見て取れる文章になっている。

そしてドラマの中ではお酒を味わいながら、お酒に合うつまみをお一人様で楽しむ内容となっている。

もうね、お酒をガブガブーって飲む感じじゃなくて、お酒の味、匂いをちゃんと味わいながら飲んでいるのがまたいいんだよね。

会話もちょこっと店主やお客さんと交わすだけ。

後は脳内の自分との心理描写を描いているので、余計な馴れ合いもなくお一人様で楽しんでいる姿を見る事が出来る。

なので、自分もこんな感じで飲みたいなーと思わず思ってしまう。

また、漫画やドラマでは、実際に存在しているお酒と、お店も登場してくるので気に入ったお店であれば実際に足を運ぶことも出来る。

 

これもまた嬉しい。

 

ドラマを観ている内に影響を受けてしまい、1人酒を始めてしまった訳だが、これまたいい!!

やっぱり初めは1人で飲みに行くことに対して抵抗が出てしまうけど、お酒と料理を味わってしまえば気にならなくなる。

とはいえ、初めの一歩が踏み出せないという人にオススメしたいお店選び。

1.大衆居酒屋ではなく個人経営のお店に行くべし

個人経営のお店の方が、団体が少ないので落ち着いてお酒を楽しむことが出来る

2.外から店内が見えるお店でお客さんの人数を確認する

1人飲みをしようとお店を探すも、中の雰囲気が分からないと最初は入りづらい。なので、外からお店の中が見えるお店の方が外とのギャップも減らせるので入りやすい。

3.カウンターのあるお店に行く

1人で飲む場合は、テーブル席の多いお店よりもカウンターになっているお店の方がお一人様も多く、一人酒としては難易度も低い。

お店で一人飲みしたいって人は参考になればいいなーと思います!

また、お酒の種類を知らなくてもこの言葉でちょっとしたコミュニケーションを取りながらお酒の種類を知ることも出来ます!

 

ぼく
ぼく
すみません!日本酒ください!

 

店員
店員
はい!銘柄は何にします?

 

ぼく
ぼく
そうですね・・・このお店のオススメって何ですか?

 

店員
店員
うちだと○○が評判も良くて人気ですよ!

 

ぼく
ぼく
じゃあそれでお願いします!

 

こんな感じでお酒の特徴とかも教えてくれたりもするよ!

 

ちょっと頑張った日。お疲れの日。なんだか寂しいときに、一人酒をしてみてはいかがでしょうか!