気になる事を調べてみた

【裁判員制度】開始から10年経過。裁判員裁判は必要だと思いますか?

開始から10年裁判員ってそれでも必要ですか?

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

 

裁判員制度ですが、2009年(平成21年)5月21日に施行されて10年が経ちました。
僕も含めて身の回りで裁判員裁判をしたことがないんですが、実際に参加した方たちはどのような気持ちになったのでしょうか?

犯罪者とはいえ、自分の意見で人の人生を大きく変えてしまうかもしれない決断をする裁判員裁判。
10年という節目でもあったので、ニュースに上がっていた裁判員制度について記事を書いていきたいと思います!

裁判員制度に関する内容はこちらから確認できます。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
それでは早速書いていきます!

裁判員制度とは?

まず裁判員とはどういう制度か改めて簡単におさらいをすると、ランダムなくじで選ばれた国民が裁判員となり、裁判官とともに重大な特定の刑事事件に対して裁判に関与する日本の司法参加制度になっています。

原則、裁判員の6人と補充裁判員の二人そしてプロの裁判官3人で一つの事件をチームとなって担当します。

いきなり難しい話になりましたが、実際の裁判員裁判はどのように行われるのでしょうか?

裁判員になる対象の人は?

選挙権を持つ二十歳以上の国民から毎年くじ引きで選ばれます。
これが義務教育中学校を卒業していれば誰でも基本は選ばれる可能性があるんですが、国会議員や弁護士、自衛官などはなれません。

もちろん事件の関係者もなることができません。
僕も裁判員栽裁判に参加する可能性はあります。

裁判員制度で対象となる事件は?

主に罪の重い刑事事件になります。
詳しい詳細は下記になります。

殺人罪・強盗致死傷罪・現住建造物等放火罪・身代金目的誘拐罪・危険運転致死罪など。

これらの罪が重くなると言われている事件が裁判員制度の対象の事件となります。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
軽犯罪などではないんだね

裁判員になるとどのくらい拘束されるのか?

もしも裁判員裁判に選ばれたとしたら、気になるのは拘束時間ではないでしょうか?

その期間ですが、最短では3日ぐらい。
最も長い裁判員裁判はこれまで200日以上もかかった事例もあります。
平均はだいたい10日間で、概ね出廷する裁判所に行くのは朝10時から夕方の5時までです。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
拘束される日数にはばらつきがあるようですね。

裁判員に選ばれる確率は?選ばれたら辞退出来るのか?

裁判員に選ばれる確率。ずばり1万人に1人になっています。

そしてこの裁判員ですが、実は辞退することもできます。

しかし、誰でも辞退出来る訳ではなく以下に当てはまる人になります。

学生や七十歳以上の方、重い病気や妊娠中介護。
それから子供を育てている養育中の方などです。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
ただ仕事が忙しいというだけでは辞退できません。

仕事で断ってしまう人も多いことが理由だそうですが、事業に著しい損害が生じる場合や、自分やそれから会社の人とかに経済上、重大な不利益が生じる場合には認められることもあります。

裁判員を断ることがすごく増えていて、辞退するということなんですが、10年前は裁判員を辞退する人は53%でした。
それでも半分ぐらいだったのですが、2018年は67%の人がお知らせが届いても辞退しますということになってしまっているんです。

裁判員になった話

ここに書く記事はラジオで取り上げられた記事になります。
そこでの話を元に書いていきます。
それでは実際に裁判員裁判に参加してきた人の話を見ていきましょう。

裁判員に参加した人の話

匿名さん
匿名さん
懲役10年という実刑判決を結局下す裁判員裁判に参加しました。
みんな大体やって良かった。いい経験になったと言っているの見て、僕はどっちかとそう言わないわけにはいかんだろうと感じました。
これだけの長い時間拘束されて、脂汗かくほど悩んで人の人生に大きく関わる判断をしなければいけないわけなんで、実際に裁判員をやって損をしたとはなかなか言えないですよ。
裁判の見方は変わりますしメリットにはなったけど、良かったかって言うとまたちょっと違う気はしますね。

 

良かったかと言われるとちょっとそれは違う気がする。

今お読みいただいたのは、東京地裁で8年ほど前に当時30代で裁判員を経験した方のお話でしたが、このような本音が漏れていました。

 

時間を使って人の人生を大きく左右する決断に関わるっていうのは、確かに手放しで良かったという表現はしづらいかもしれないですね。

最近では寝屋川の中一男女殺害事件で、一審の死刑判決で確定することになりましたけれども、実はこの事件も裁判員裁判だったので、裁判員の皆さんが死刑の判決を評議で出しているということになります。

結果的に、一般の方が死刑を背負うことにもなるので非常に難しい問題です。

しかし、ヤフーコメントを見ると死刑で当たり前だというコメントも多く見かけます。

もしも自分が裁判員だったとしたら「死刑だ!」と言えるのだろうか。

裁判員裁判を辞退する人がいる中、引き続き実際に参加した方の話を見てみましょう。

匿名さん
匿名さん
結局拘束される時間は全部で11日間。11日はちょっと厳しいよなぁなんて思いながら、言わゆるガラガラポンのくじ引きで、自分の番号が呼ばれてしまったので、どうしようかすごい悩んだんですが、、、
その時すごく印象的だったのは僕も含めた9人の裁判員が、明日から実際に出廷する人の中に普通のサラリーマンの方も多くて、みんな一斉に電話をして「すいません。ちょっと裁判員に選ばれちゃったんですけどどうしたらいいですか」っていう電話をしていたり、翌日、今日から裁判が始まりますっていうことで東京地裁に出廷したら、もうすでにその時点で二人いなかったんですよ。
辞退者が出てたんです。で、裁判長が、「これ以上始まってから辞退者が出てしまうと大変なことになります。皆さんにお願いしますね」みたいな感じで、お前ら絶対にばっくれるなよ的な感じで言われて、そのいい方は逃げられないと言うかやらなきゃいけないんだというふうに思いましたね。

正直もう逃げられないという風に思ったようなんですけれども、11日間、10時から17時ほぼ毎日拘束。
普段、仕事をしていると11日間も仕事を休む行為っていうのはすごくハードルが高いですし、そもそも職場の理解を得られるのかということが大きなハードルになってます。

これは働く身としては気がかりで一番大事なところですよね。

そのため、およそ半分の企業では裁判員制度の特別休暇を導入していますが、中小企業や個人でやっているような会社ではものすごく厳しい問題でもあります。

裁判員裁判に参加すると起きるリスク

長時間拘束されてしまうというな問題もあり、ギリギリのところで辞退する人も多いのですが、この裁判員制度について研究をする専修大学法学部の飯 孝之教授に裁判員制度の背景にある問題点を指摘していました。

日本では裁判とか司法というものが身近でないということがまだあると思います。
加えて裁判員も勤めた人で、ストレスを抱えた人が裁判を国に対して起こしたことがあるんですね。

あるいは暴力団関係の人に、裁判所の外に出たら声をかけられたと「あなたの顔覚えてるからね」とかそういったことになりますと、怖いなと思う人が増えるのはこの10年間である意味やむを得ないことかと思います。
以前、裁判官だけの裁判の時代には、17.6%が上級の裁判所で覆されていました。
それが裁判員裁判始まって全体的に覆る率は実は低いんですけれども、始まって10年で前半と後半をみますと、後半の時期には10.9%前半は6.6%ですので、次第に覆される比率が高まっています。
おそらく裁判員裁判始まった頃は、裁判員裁判の判決を尊重していたと思うんですよね。
それが次第に高等裁判所最高裁判所のプロの裁判官が覆すことをあまりためらわなくなっている傾向があると思います。

判決が覆される傾向も高くなっているし、裁判員を引き受けたら裁判員が心身ともに本当に疲弊してしまってしまい、ストレスも感じるケースもあることから、本当に裁判員制度って必要なのかなって感じてしまいますよね。

裁判員制度に意味はあったのか?

裁判員制度が出来て10年が経ちましたが、当時と比べて変化はあったのでしょうか?
この部分について飯 教授はこんな風に話をしてくださいました。

今まではプロの裁判官、あるいは弁護士検察官だけで刑事裁判っていうのは進んでいたわけです。
そこではプロの判断で良い面もありますけれども、得てして特に検察官の主張というのが通る傾向があったわけですね。
日本っていうのは無罪率が非常に低いですから。
しかしそれが、裁判が加わったことによってある意味で裁判官・検察官・弁護士が裁判の原則に従ってプロがしっかり仕事をするようになっている面がありますし、その裁判員の声も判決に反映されるようになっている。
私たち国民が社会を動かしているんだということを実感できる、そうした貴重な機会だと思います。

本当にその裁判員によって、裁くプロたちがこれまで以上にしっかり仕事をするようになったっていう現実があるそうなんですね。

量刑の面では、裁判員制度が始まってから性犯罪の厳罰化も進んでいます。

とはいえ、参加した方の話ですが守秘義務のある裁判の内容は、一人で抱えることが本当に辛くて、お酒の量もついつい増えてしまい、勢いで誰かに話してとにかくちょっとでも楽になりたいという思いに何度も何度もかられたそうです。

だからこの守秘義務を緩和する事っていうことが、これから裁判員を務めるかもしれない人のため、この守秘義務の緩和っていうのが、非常に大きな課題ということがわかりました。

 

心身の負担も大きい裁判員制度、それでも必要ですか?

さいごに

裁判だったり政治行政もそうですけど、色々と日本人は僕も含めてどっかそういうことに対して距離がある気がします。
ですが、やっぱり距離が遠いよりは近い方がいいと思うんですよね。

国民全体として裁判員制度はまだ始まって10年ですけど、僕はこの制度がちゃんと上手く行くんだったらこの方がいいなって思いました。

最近のニュースを見てもおかしい判決があったり違和感を覚えることもあるので、僕たち国民が裁判という中に入って考えれるのは良い事かなと思います。

そのためにも、この制度がちゃんと行くための共通認識だったりとか、システムをもっともっと構築して、裁判員裁判に選ばれたとして、何かこの先自分の未来で犯罪を起こしてしまいそうな時に思い留まれるようなきっかけになるのかもしれません。

色々考えると、若い人がもっともっと色んなことに関わっていくことが必要じゃないかなと思います。

この制度で犯罪に対して抑制力や意識が変わるきっかけになってくれればいいなと思います。

https://ototoi.net/daigakusei-siokuri/

COMMENT