ライフスタイル

30代・未経験でも手に職を付けたい人の転職候補は、電気関係の仕事

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

20代の後半で安定を求めて未経験、無資格ながらも電気関係の会社に転職しました。
電気関係の仕事に転職した理由は「安定していそうだから」でした。

前の会社よりは給料も上がり、休みも増えて今の所は満足といった所です。
僕のような未経験でも電気関係の会社に入社出来たので、同じような20代後半~30代前半の人でも電気関係の仕事に転職することが可能かと思います。

今回は未経験ながらも電気関係の仕事に転職出来た理由について書いて行こうと思います。

30代未経験でも電気関係の仕事に就職できるか

まず先に答えを言うと、「転職は出来ます」

ただ電気関係の仕事といっても幅広いので、未経験の場合は少しだけ業種も限られてしまいます。
それではどういった業種があるのか次に見ていきましょう!

電気関係の業種について

電気関係の仕事といっても幅広く存在します。
どんな業種があり、どんな違いがあるのか書いて行きます。

【電気の知識・無資格でも可能な業種】

業種業務内容
電気工事技術者主に住宅や商業施設などの電気設備の施工工事を請け負い、現場作業が多い。
※作業によっては資格が必要になる
電気通信住宅やビルに電波を引き込むための工事やアンテナの設置を行う。
メンテナンス技術者会社によってメンテナンスするものが変わるが、エレベーターやエスカレーターなどの機械のメンテナンスを行う。
風力発電所やソーラーパネルなどもある。
制御盤・配電盤組み立て電力会社から供給される電力を受け取れるように機器を設置したりメンテナンスをしたりする。他にも電気信号を正しく受け取れるように電子機器を組み立てたり配線を行う。
工場の製造勤務工場で取り扱う電子機器や部品を製造して、商品に仕上げる作業。自動車関係や通信機器など様々な物を製造する。

【資格・電気の知識が必要な業種】

設備管理施工工場内の電気設備などの管理を行う。
鉄道システムエンジニア鉄道関係のシステムのメンテナンスを行う
電気設備エンジニア発電所や変電所に勤務し、電力会社などに供給・メンテナンスを行う。
電子機器・電子回路製造電気的な知識があり、CADなどのソフトが扱える技術者が行う。半導体製造や電子回路基板などを取り扱う。
はんだ作業などの軽作業であれば無資格でも募集している。
電気主任技術者電気設備がある事業所で、監督者として設備の維持や運用などをする仕事。
※第一種・第二種・第三種電気主任技術者の資格があります。

その他にも細かな電気業種がありますが、主な業種を挙げました。
理系の方や電気を学んでいた人であれば、選択できる業種が多い業界です。

電気の知識がほとんどない方は「電気の知識・無資格でも可能な業種」から選ぶといいでしょう。

僕も電気の知識と資格が無かったので「電気の知識・無資格でも可能な業種」から仕事を選びました。

無資格者でも電気関係の仕事に就職できるのか

上記でも書きましたが、電気関係の仕事は幅広くあります。
初めから電気の知識が求められる業種については、資格のない人や経験のない人は仕事に就くことが出来ません。

とはいえ業種にこだわらなければ、電気関係の仕事に就職することが出来ます。

また、いずれ資格が必要になる仕事についても、転職した後にも資格取得のサポートをしてくれる会社も多く存在しています。

仕事の幅を広げてくれる資格を取れば、独立したり好条件の会社にも転職することが可能になるので、電気関係の仕事で頑張りたいのであれば是非とも資格勉強にも力を入れる事をオススメします。

https://ototoi.net/denkikouzisi-saisiken-test/

転職に有利な資格・スキル

未経験ながらも電気関係の仕事に転職する為に、有利な資格をまとめました。

資格名資格取得で出来ること
第二種電気工事士600ボルト以下で、一般用電気工作物と言われる住宅や小規模な店舗等の電気設備での電気的作業を行う事ができる。
第一種電気工事士「第二種電気工事士」の上位資格で、第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場・ビルなどの工事を行う事ができる。
認定電気工事従事者「第二種電気工事士」の資格者が仕事の幅を広げる為に取得する資格で、600V以下で受電する「自家用電気工作物」の最大電力500kWまでの工事が可能。
CAD操作パソコン上で電気回路や図面などの設計が出来るようになる。複数のCADソフトがあるので入社したい企業に合わせて、CADのソフトを選ぶのが良い。
特殊電気工事資格者事業用のビルや工場などの自家用電気工作物のうち、ネオン工事及び非常用予備発電装置工事を行うのに必要な資格。
2級電気工事施工管理技士電気工事現場で施工管理をすることが主な役割。 「仕事をする作業員や現場の安全管理」「現場の品質管理」 「工事の進捗管理」などを行う。
1級電気工事施工管理技士「2級電気工事施工管理技士」の上位資格で、2級よりも規模の大きい工事現場で施工管理を行うことが出来る。
第三種電気主任技術者電圧5万ボルト未満の電気工作物の工事や、維持および運用の保安の監督を行うことができる。
エネルギー管理士電気消費量が多い工場などにおいて、エネルギー使用の改善と効率化を図る役割を担う。自社のどこの設備でどれだけのエネルギーが使用されているのか、その実体を測定・把握し、省エネルギーに向けた指導や施策を推進する。

資格取得の難易度は資格によって大きく変わります。

匿名さん
匿名さん
「電気のことなんてちっともわからないよ・・・」

そんな方は誰でも受験ができる「第二種電気工事士」の資格取得を目指すことをオススメします!

比較的合格しやすい資格で、「電気について少しは理解しているな」と思ってもらえる資格になっています。

現在、転職を考えているのであれば資格勉強をしながら転職活動をすることをオススメします。

なぜなら面接の際にも「電気の仕事は未経験ですが、現在○○の資格勉強をしております」と、やる気をアピールすることが出来ます。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
30代で未経験の職種に挑むなら、これぐらいのやる気は必要かもしれません!

入社前に資格を取るのもいいですが、会社によっては転職後に取ると御祝い金や資格取得に掛かった費用を全額負担してくれる会社もあります。

とにかく電気でやっていこうと考えているなら、資格勉強は大事です!

独学で不安なら職業訓練所もあり

「未経験の仕事で資格現況も不安だ・・・」

「次の仕事では失敗したくないな・・・」

今までの仕事で上手くいかず、新しい業種に挑戦する方もいるかと思います。
もう少し力を付けてから転職したいのであれば、職業訓練所に行ってみるのもありです。

職業訓練所では、転職に有利な資格取得やスキルを身に付け学んでいき、会社で実践的に働ける「第二種電気工事士」の資格取得やCADの操作についても学ぶことが出来ます。

また、無料で受講できたりお金を貰いながら通う事が出来るが魅力です。
卒業後は電気工事事業者として建設現場で作業したり、鉄道関連の設備の業務に就くことが出来ます。

とにかく電気の仕事に就く前に経験を積みたい方向けになっています。
職業訓練所の目的は、「新しい技術を身に付けて就職することが目的」とされているため、習い事のようなゆるい感じで通う事は出来ません。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
職業訓練所で技術を覚悟を身に付けて新しい仕事に就こう!

他業種との比較

色々と考えて電気関係の仕事に就こうと考えたけど、他の業種とはどう違うのか。
気になる部分は多いかと思います。

給料・休み・やりがい・仕事の特徴について気になる部分について他の業種と比較してみたので参考にして下さい!

給料

職種分類平均年収
全体男性女性
営業系444468377
企画/管理系510559433
事務/アシスタント系330384314
販売/サービス系327352296
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)588624494
金融系専門職416566351
技術系(IT/通信)456471395
技術系(電気/電子/機械)467474377
技術系(建築/土木)415426352
技術系(メディカル/化学/食品)400432357
クリエイティブ系379412346

(参考サイト:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/)

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
平均よりもやや高めの給料です。

休み

順位業種年間
休日数
1位自動車/輸送機器メーカー135.2
2位電子/電気部品/半導体メーカー132.7
3位コンピューター/OA機器メーカー130.9
4位医療機器メーカー130.5
5位機械/電気機器メーカー130.5
6位設備関連/プラントメーカー129.6
7位家電/AV機器メーカー129.6
8位リース129.4
9位通信/ネットワーク機器メーカー129.4
10位化学/素材メーカー128.8

(参考サイト:https://doda.jp/guide/ranking/071.html)

業界的に見ても電気関係の仕事は休みが多いです。
工事現場で作業を行う電気工事作業については休日もばらつきがあり、年間休日は100日前後の会社もあります。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
僕が務めている会社は年間休日120日以上あります!

満足度

順位業種満足度指数
1位コンサルティング70.3
2位教育68.7
3位電気・機械メーカー68.6
4位理容・美容・エステ68.2
5位インターネット・広告・メディア67.0
6位建設・プラント・不動産66.4
7位商社66.2
8位メディカル66.0
9位エネルギー65.7
10位公共65.2

(参考サイト:https://doda.jp/guide/manzokudo/2019/gyousyu/)

専門性が高く、自分自身の成長が期待できるとコメントがありました。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
僕自身、やりがいはそんなに感じませんが電気の知識が身につき、成長には繋がっていると思います。

手に職が付けられるのが強み

電気関係の仕事は技術関係が多くなっています。
また、会社によっては未経験でも働くことが出来るので、入社した会社で力を付けて、より良い条件の会社に転職が可能になります。

電気は生活には欠かせないインフラ事業です。
しっかりと手に職を付けてしまえば食いっぱぐれることはないので、資格を取得しながら腰を据えて、比較的安定している仕事となります。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
これが何よりの強みだと思います!

求人を探すなら

ここまで読み進めてみて、電気の仕事に挑戦してみようかなと思った方に転職サイトで自分に合いそうな業種と会社を探してみてはいかがでしょうか?

同じ業種なのに、会社によって給料や休日と言った待遇は大きく変わってしまいます。
あなたが仕事を選ぶ基準とマッチした会社選びで失敗しないように、じっくり確認してみることをオススメします!

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
転職は一大決心ですよね・・・転職したのに失敗なんてしたくない!

工事士.COM

登録求人数約600件以上
特徴電気経験者がサイトを運営しており、電気設備業界の転職市場で大きな信頼を得ている。
電気関係の仕事を検討している方は、まずは覗いておくべきサイトだと言える。
オススメポイント未経験の採用枠が多く、ステップアップで手に職を付ける為の一歩にも良い。
サイト内には電気の資格や知識が学べるようになっていて、入社前にやっておくことが分かる
こんな人にオススメ掲載されている情報は少ないですが、未経験の人には応募できる企業の情報が多くあります。

電気を扱う仕事だけに特化した企業の求人が載っています。
求人以外にも電気の資格についても詳しく解説しているページがあるので、求人を見ながら自分に必要な資格などをあらかじめ確認しておくことが出来ます。

工事士.COMで仕事を探す

Kaguya転職支援サービス

登録求人数約10、000件以上
特徴経験者で技術系の転職を検討している人向けの転職サイトになっている。
オススメポイント培ってきた経験と技術を再評価して、年収も高く専門性に特化した企業を探せる。
こんな人にオススメ先端技術・イノベーション領域に強い転職コンサルティングサービス。エンジニアとして働いた経験がある人にオススメ
しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
すでに電気関係・エンジニア経験がある人向けの転職サイトになっています。
培ってきたスキルでワンランク上の会社と仕事を探すことが出来ます。

Kaguya転職支援サービスで仕事を探す

duda

登録求人数約100、000件以上
特徴電気関係の仕事も10,000件以上あり、dudaの転職サイトを登録するだけでエージェントサービスが受けられる。自分で仕事を探しながらエージェントがあなたに合う仕事を探してくれる。
オススメポイント公開・未公開の求人を紹介してくれる「エージェントサービス」と、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」2つのサービスがあり、効率よく会社を探すことが出来る。
こんな人にオススメ時間が無く、自分に合う会社の情報が欲しい人。転職サイトのエージェントに相談しながら仕事を選びたい人。
しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
求人数も多く、エージェントサービスも充実しているので自分では気づかないような好条件の企業を紹介してくれるかもしれません!

豊富な求人情報があるdudaで仕事を探す

さいごに

電気の仕事は無くならない仕事です。
未経験でも求人はあるので技術を付けてスキルアップして、より条件の良い会社に転職し直すのもいいですし、資格などにも挑戦するのも今後の人生プランとしてはオススメです。

僕自身も電気の仕事を始めて資格試験の勉強をして、まだまだ未熟ではありますが手に職を付けています。

現在30代で、転職出来るようなスキルが身に付いていなくても、まだまだ間に合う業界です。

将来が不安で手に職を付けたいと考えているのでしたら電気の仕事をけんとうしみてはどうでしょうか?

ここまでおよみいただきありがとうございました!

 

COMMENT