バイク関係

バイク通勤・通学の服装と便利なアイテム厳選10点をまとめました!

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

バイクに乗る時に「もっとバイク生活を快適に過ごしたい!」とか思ったりしませんか?

普段、バイクに乗っている僕としては出来るだけ快適にバイクに乗りたいと考えたりしています!笑

不便を楽しむのがバイクの楽しみだけど、快適になるならそうしたいよねっ!
この記事はバイクツーリングではなく、通勤・通学・街乗りなどで快適にバイクに乗れるように、あれば便利な物を紹介していきたいと思います!

この記事はこんな人に読んでほしい!

☑バイク通勤・通学を快適に過ごしたい人
☑バイクを乗る時の服装が気になる人

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
それでは早速いってみよう!
バイク通勤・通学を検討中の人に。必要な免許・金額・ばれた時の対応についてどうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です! 会社や学校に通う時、あなたは何で移動していますか? 電車通勤 ...

バイク通勤を快適にするアイテム

バイクに乗るにはヘルメットは必要ですが、ここでは無くても乗れるような物で、バイク通勤をする時に、「これはあった方が良いなー!」と思う物を紹介していこうと思います!

グローブ

必要度:

運転するハンドルを握る時に、グローブがあると汗で汚れたり滑ったりしなくなります。
また、転倒した時も大きく手を擦りむく可能性が減るので装備しておきたいアイテムになります!

冬は寒さを防いでくれたり、夏は飛んでくる虫のガードにもなります。
グローブはヘルメットの次ぐらいに大切なものだと思います!

ウインドスクリーン

必要度:

バイクによっては取り付けることは出来ませんが、バイクは生身で乗るものですよね。
車と違い、車外にいるので常に風の影響を受けてしまいます。

長時間風を受けると、体に疲労が溜まるようになります。
その疲労を軽減してくれるのが「ウインドスクリーン」になります!

また、雨の日は雨も防いでくれるので雨に打たれる力も減ります。
見た目は少しダサくなってしまうこともありますが、快適に乗りたいのであればオススメです!

リアボックス

必要度:

原付やスクーターであれば、荷物をシートの下に入れることも出来ますが、大量の荷物を入れることは出来ません。

シートの下に収納スペースがないバイクであれば、リュックにしまうしかありませんよね。
買い物をした時や荷物を受け取った時に収納スペースが無ければ運転なども非常にしづらくなってしまいます。

そんな状況を解決してくれるのが”リアボックス”です!
リアボックスによって、収納スペースの増やすことが出来るので買い物に行っても多くの荷物を収納することが出来ます!

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
リアボックスを取り付けるベースも必要になるので注意してねっ!

スマホホルダー

必要度:

車にナビがあるように、バイクにもナビが欲しくないですか?
「さすがにバイク用のナビ機器を買うのは値段も高いし。。。」

そんな時に身近なものがナビとして活躍してくれます。
それが、スマートフォンです!

このスマートフォンをバイクの車体に取り付けれるようにするのが、”スマホホルダー”です!

自転車や車にも取り付ける事が出来るスマホホルダーですが、バイクにも取り付けられるタイプがあります。

お使いのスマートフォンが固定できる物を選びバイクに取り付ければ、走行中にナビを見ながら目的地に行くことが出来るようになります。

シガーソケットUSB

必要度:

移動中にスマホの充電がない!そんな時に便利になるのが”シガーソケット”です!
バイクによってはシガーソケットが付いているので、バイクから電源を供給してスマホなどの電子機器を充電することができるようになります!

スマホでナビを使用すると、電池の減りが早くなってしまうのでそういう時にも十dね出来るのがいいですよねっ!

合羽

必要度:

バイクは車と違い、生身のままです。
雨が降った時に走行すると雨で前進ずぶ濡れになってしまいます。
そうならない為にも準備しておきたいのが”合羽”です!

安物の合羽だとすぐに濡れてしまうので、3000円ぐらいの物を買うことをオススメします!

また、座って着るのでワンサイズ大きいサイズを買うのもオススメします!

プロテクター

必要度:

もしもの時に備えておきたいのが”プロテクター”です。

足首や、膝、肘、胸、背中とパーツがあるので自分の出来ることなら装着して走ることをオススメします!

リュック

必要度:

荷物を持って移動する時に必要になるのが”リュック”です。
バイクは身軽な感じで乗ることが出来ますが、急な荷物が増えた時に持てなくなってしまう事があります。

結果、無茶な持ち方をして荷物を落としてしまったりする危険性があります。
リュックがあれば、荷物を入れて安全に持ち帰ることが出来ます!

インカム

必要度:

バイクを乗っている時に音楽・ラジオが聴けて、Bluetooth接続で電話もすることが出来ます。
取り付けれるヘルメットの種類もありますので、購入する人はお使いのヘルメットの書くんんも必要です!

上着

必要度:

天候によって、少し寒くなったりすることもあります。
そんな時に体温調整できる上着を一枚用意しておくと快適にバイクに乗ることが出来ます。

バイク通勤時の服装について

次に説明するのは、バイクに乗る時の服装についてです!
おしゃれにカッコよく着こなすこともありますが、機能性重視で話をして行こうと思います!

出典:www.pinterest.jp

春の平均気温は14度ほど。
長袖だけで走るにはまだ寒いです。

グローブ
肌着にヒートテック
Tシャツ
上着
風を防ぐジーパン

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
凍える寒さではないので服装で調整できる気温です!

夏の平均気温は28度ほど。
半袖半ズボンでいきたい所だけど、事故ってしまうと一気に肌が大根おろしになってしまいます。
危険ですので半袖に羽織物と風通しの良いズボンを着ておきましょう!
また、メッシュのジャケットもあるので選択肢としてはありです!

グローブ
Tシャツ
羽織物

風通しの良いズボン

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
服を着てても暑いけど、肌の露出は紫外線を直に受けるので薄いは織物などで肌を守ろう!

出典:pintrest

秋の平均気温は19度ほど。
薄手の恰好では風の冷たさをダイレクトに受けてしますので上着を一枚着ておくのが良いですね!

グローブ
長袖のTシャツ
上着
ジーパン

出典:TOKYOlife

冬の平均気温は8度ほど。
足と手の指先も凍えてしまう寒さなので、防寒対策をしないといけません!
この寒さに勝てない人は冬はバイクを降りてしまいます!

ネックウォーマー
インナーパンツ
風を防ぐジーパン

まとめ

バイクを快適に乗る為に合ったら良いと思う物を紹介してきました!
個人的にはスマホホルダーは必需品だと思いますね!

今回の記事はまとめるとこうなりましたっ!

☑スマホホルダーとグローブがオススメ!
☑上着を一枚準備しておく!

別の記事ではバイクツーリングを楽しむために必要なアイテムを紹介しているのでこちらもご覧ください!

【バイク初心者向け】ツーリングを最高に楽しむ為に必要な装備&道具 どうもぼくです! 普段から通勤とツーリングでバイクに乗っているぼくですが、この間バイクに乗ってツーリングに行ってみたい!と...

ここまでお読みいただきありがとうございました!