雑記

スキルも人脈もないビジネス素人が起業出来るのか。

どうも社会人ブロガーのしゅうじんです!

今回は社畜である何のスキルも人脈も持たない僕が、もし起業をするとしたらどうするのか考えてみました!

なぜこのようなことを考えないのかと言うと、それは少し起業に興味があるからです!
というよりもお金をもっと稼ぎたいんやって思っているからです!笑

ぼく
ぼく
同情するなら金をくれっ!

でも起業をする人っていうのは、だいたい何かしら飛び抜けたスキルがあったり周りにすごい人がいたり協力してくれる人がいて初めて挑戦出来ることだと思うんですよ!

 

でも僕にはそういったものは何もありません!

あるとすれば少し考える力と日常生活を過ごすために日本語をちゃんと喋れるぐらいの知識というところですね!

ぼく
ぼく
スキルクソかよっ!笑

とまぁ、そんな感じで超平凡で何も持たない僕がこれまでの経験を生かして起業をするならどういったことが出来るのか真剣に考えてみました。

■ 起業する時に初めに思いついたこと

では、まず起業をしようと思ったときにまず最初に何を思いついたのか。

・自分に何が出来るのか
・どんな事をするのか
・お金はどれくらい欲しいのか

思い浮かべた事としてはざっくりとしていますがこんなところでした。

その他に思いついたことは「じゃあ実際にどういう風に起業するために行動すればいいのか」という、起業をするにあたってふわっとしてるところがわからないのでめちゃくちゃ悩んでいます・・・

無知すぎるが故に、起業について考えてみたもののまだ右も左もどっちの方向に進めばいいのか本当に分からない状態です。

ぼく
ぼく
そこで次にこういうことを考えました!

■業界を何にするか

起業をするということであれば、何かを提供したり作ったりしないといけないと思うんですが、その場合どういったものを提供したり作ったりするのかというのも考えました。

例えば、僕で言えばコミュニケーション能力がないのでコミュ力を上げるための何か事業を考えたり、音楽活動を少し続けてきていたので何か音楽関係で提供できるようなことであったりを思い浮かべました。

後はブログも書いているので文章関係で仕事が出来ないのかなというふうに考えました。

 

そういった今までやってきたものを、自分の足りない物でこういったものがあったらいいなというところを考えてみました。

このブログを書いていて思ったことは「起業出来るようになる何かがあればいいな」ということも考えていました。笑

実は起業については半年ぐらい悩んでいたんですけど、やっぱり自分が情熱を注げるものややり続けられそうなものが良いのかなと思いついたのです!

そうなれば・・・僕の場合は音楽なのかなと思いました!

そこで、今回もしも僕が起業するなら音楽業界で何かやってみたいなと思いました!!

正直音楽という物はお金になるのかはすごく不安な業界ではありますが、まだまだ挑戦できるようなことが残っているような気もしています。

なぜならエンタメ業界では音楽関係や映画・VODサービスなどそういった分野は日夜取り上げられているからです。

ただすでに大手が市場を占めているのでうまいこと入り込む隙間があるのかどうかはまたちょっと難しいところではあります。

ぼく
ぼく
これはビジネス化するのは大変やで

■自分にできること

業界を決めるにあたって、自分がもしも起業をするのであればどういうことが出来るのか、まず考えてみようという風に思いました。

それは先ほども少し書いたと思うんですが、今まで自分でやってきたことの中で好きなことよりもこれが得意だったなーっ」ていう分野を書き出すようにしました。

僕の場合は音楽をやってきたので、上手くはないけどギターであったりDTMというパソコンで曲作りをするスキルであったり、今書いているブログのような文章を書くということになります。

ざっくりと書くと「音楽制作」「ライティング」になります!

 

しかし、上記のスキルについて僕なんかよりもめちゃくちゃスキルが高い人なんて山ほどいるのが現状です。

そんな人でさえ別の事を本業としたり、会社に勤めて起業をせずに会社に勤めています。

果たして自分の得意なことで、さらに上の人の実力を持った人に勝てるのかというのは、非常に不安ではあります。

ですが、何も行動しなければ結局はその他スキルのある人のように力を発揮する事なく凡人と言うか夢物語で終わってしまうと思うので、起業と言う覚悟を決める必要があるのかと思いました。

ぼく
ぼく
会社という保険が無くなるのは怖いからねっ!

■自分にできないこと

自分に出来ることを考えたら、次は自分に出来ないことを考える流れになると思います!

そこで僕は自分に出来ないことを考えた結果、こうなりました!

まずは勉強ができないというか数字に弱いというところと、人とコミュニケーションをとるのが苦手という感じになりましたね!笑

その他にも苦手なことはありますが、すぐに出てくるようなことはこの2つですね

 

なのでこの苦手な分野で戦うのは正直結構辛いんじゃないかと感じました。
挑戦してみても精神的にも今後続けていくのもきっとどこかで辛くなってしまうと思うので、本来のパフォーマンスを発揮できなくなってしまう恐れがある気がした。

ということで僕はなるべくこれを避けようと思いました。

■お金になるのか

色々と考えていくうちにいろんな案が出てくると思いますが、こういうビジネス面白そうだなーとか、こういうことが出来るかもしれないとか、でもこっちの案も何か面白いなっていうふうにいくつか出てくると思うんですが、果たしてそれがお金になるのかならないのかというのは非常に重要なことだと思います

自分がやりたいことがお金にならなければ、それだけでは生活できません。
好きなことだけやっていて生活できるあればきっとみんなもそういう生き方をしていると思います!

何故なら僕がそう思うからねっ!笑

 

毎日寝ていたり、毎日テレビ見ていたり、毎日友達と遊んだり飲んだりそれが出来るのは、お金があって初めて出来るんだと思います。
本当にお金になるのか生活をすることが出来るのかということも考えないといけません。

こういう事業が面白いなーと思っても、自分の生活をまかなえるのかどうかっていうのは非常に重要です。

昼寝してたら知らぬ間に100万の振り込みがあったとかってないからねっ!

■成長できるものであるのか

ここまで考えてくると、自分のやりたいことやしてみたいことを事業にしたいというイメージが、なんとなくですがまとまってきていると思います。

しかしその事業自体が成功するのか成長できるのかというのを考えないといけません。

成長の見込みがないのに一生懸命頑張っても、ずっと低収入で終わってしまう可能性が高いです。

ぼく
ぼく
それか廃業しないといけない羽目にも・・・

自分の好きなことで、それで何とか生活できるんであればいいと思うんですが、やはり起業したいと考える人であれば、やっぱりお金をもっとリッチに持ちたいとか稼ぎたいという風に考えていると思います。

と言うかここでは僕がそう思っているので、これはちょっとお金にならないのは成長しないなっていうことをちょっと重要視はしています。

なので自分が考えたその事業が成長見込みのあるのかどうかというのを考える必要があります。

■使えるリソースは何か

今の自分にできることや持っているもの使えるものは何かと考える必要もあります。

使える物があれば先ほどの音楽のことに関しては、少しギターが弾けるであったり少し楽譜が読めるであったりDTMのことについては少し詳しいとかそういう知識があります。

他の事に関しては僕にはないんですけれど、他にリソースがある人の話をすればお金があったり何か別の知識があったり、大きな人脈があったりとかですね。

あとは土地とかあってそれをうまく使えればビジネスというものは始めやすくなるのかなというふうに思います。

ないものを補いながら強くしていくという感じですね!

■いくらぐらい稼ぎたいのか

では、ビジネスをするにあたって、一番念頭にあるものかもしれませんが、僕の場合その頂点にあったりするんですけど、いくら稼ぎたいのかというのが問題になってくると思います。

起業するにあたっていろんな考えはあると思うんですけど、例えば自分は「こういうことをして生きていきたいんだ!」っていう人がいれば、やりがい重視でいいと思います。

人によっては「不労所得で生きていきたい」とか「月収100万円ぐらい稼いで生活していきたい」という人がいると思うんですけども、そういう感じで自分が必要とする金額がいくらぐらいなのかっていうのを考える必要があると思います。

 

5万円でよければ5万円稼げるビジネスでいいですし、10万円希望であれば10万円稼げるビジネス。100万円であれば100万円。1000万なら1000万というようなそういう目標設定が必要になると思います。

ぼく
ぼく
ちなみに僕は月収100万円欲しいです!笑

■まとめ

全くのビジネス素人であり、むしろ社畜の僕がもし起業するにあたっての考え方をお話ししてみました!

会社以外でのところからもお金も欲しいし、もっと自由にもなりたいしそういう風に考えると、やっぱり自分で何かお金を生み出す仕組みを作らないといけないなという風には感じているので、今回こういう感じでもし自分が起業するのであればどういったことができるのかなというのは考えてみました。

 

なかなか難しいところもあると思いますが、挑戦してみるのもアリなのかなという風に感じています。

もし実際僕が行動して起業に向けての行動があれば、またこのブログで報告したいと思います!

では次回のブログでまたお会いしましょう。