ライフスタイル

失敗したくないから挑戦と行動をしない人に知ってほしい事実があります

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu_zin)です!

毎日生活をしていると色んなことがあり、色んなことを考えているのではないでしょうか。
色んなことを考えて、色んな選択をして今の自分があるんだと思います。

もっと頭を使って考えて出来るだけ失敗しないように、自分の人生がもっと豊かに良い人生にならないかなーと思っていませんか?
そして人生で失敗をしないために、こんな風に考えてはいませんか?

「これは失敗しそうだな・・・」→「他の方法を考よう!」

「これも失敗しそうだな・・・」→「別の方法を考えよう!」

気が付けばこんな思考で何もしないで無限ループしていませんか?
このように、失敗を恐れて行動しないとどうなるか。

結論を言えば、失敗はしません!

ずっとこの思考で何もしなければ失敗はしないですが、その代償に成功もしません。
ですが、失敗を恐れて何もしない事が一番避けなければいけない失敗じゃないのかなと僕は思います。

今回は、失敗を恐れて何もしないループになってしまうことが、どれだけ問題なのか書いて行きます。

この記事を読んで分かる事!

☑失敗を恐れて行動しないとどうなるのか
☑成功する為にする失敗は悪くない

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
それでは早速いってみよう!

何もしなければ失敗はしない

失敗をしたくないなら何もしなければ失敗しないとお伝えしましたが、何もしなければ現状維持のままです。

人生で何度かここぞという時に踏ん張らなければいけない時期が来るかと思います。
そんな時に、失敗を恐れて挑戦出来なかったり、行動出来なかったりすると何も変わりません。では、何もしないとはどういうことなのか次に説明します!

勇気を出さない

挑戦することはとても勇気がいることだと思います。せっかく勇気を出したのに失敗なんて絶対にしたくはないですよね。

勇気をだして好きな人に告白をしたのにフラれてしまった・・・
告白さえしなければ今までの関係でいられたのに・・・

こんなことになるかもしれないなら告白なんてしなければ、フラれることはありません。

挑戦しない

人間社会で生きていると、何か新しいことややった事のない事を突然「やってみるか?」と声を掛けられることがあるかと思います。

「自分にはまだ無理」「今のままがいいから止めておこう」と、面倒ごとや失敗を恐れて断ってしまうことがあるかもしれません。

ですが、頼んだ人は「あなたなら出来る」と思って声を掛けているはず。
成長できる機会かもしれないのに断ってばかりいては、自分が出来ると思う事だけしか出来ません。

自分の限界を知る為には今までよりも難しいことに挑戦するしかありません。

成功したい

成功したいと思っても、それよりも失敗が怖い。
成功するために失敗をして失うかもしれない物があるのなら、躊躇してしまうかと思います。

このご時世では、成功が約束されているような状況は非常に少ないです。
小さな成功であれば失敗する確率を下げる事が出来ますが、大きな成功を得たいと考えているのであれば失敗のリスクを選ぶしかありません。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
リスクを取れるかどうかだよね!

成功するために失敗はある

何もしなければ失敗はしないですが、失敗からも大きな事を学ぶことが出来るのはすでに歴史上の偉人たちが教えてくれています。

絶対に失敗したくないという気持ちはすごく分かります。
しかし、時には成功の為に失敗が必要なこともあります。
そこで、実際に偉人たちが失敗をして成功に導いた例を書いて行こうと思います。

エイブラハム・リンカーンの場合

第16代アメリカ合衆国大統領で偉大な大統領と言われていますが、アメリカ史上最も失敗した男とも言われています。

お店を経営するが借金を抱えて失敗する。政治家を志し選挙に出るが落選。そしてまた事業を立ち上げるがまたもや上手くいかずに失敗する。再度選挙に出るがまたもや落選。

失敗も小さな失敗ではなく大きいですよね。でも諦めることなく政治家の道を志し、ついには大統領にまで登りつめました。

「転んでしまったことなど気にする必要はない。そこからどうやって立ち上がるかが大事なのだ。」

エイブラハム・リンカーンの名言

トーマス・エジソンの場合

発明の父として、人類に偉大なる貢献をもたらしたエジソン。
「白熱電球」を発明したとして、彼の偉業は誰でも知っていると思いますが、発明に成功するまでに二万回も失敗(実験)をしたのは有名な話ですよね。
その失敗(実験)があったからこそ「白熱電球」が生まれたというのは感慨深いです。

「わたしは、今までに一度も失敗をしたことがない。 電球が光らないという発見を今まで二万回したのだ。」

トーマス・エジソンの名言

ベーブ・ルースの場合

野球の神様とも言われたメジャーリーガーで、1927年に記録したシーズン60本塁打は34年間に渡って大リーグ最多記録になりました。
野球には詳しくないですが、34年間も破られない記録を作るとは恐ろしいですよね!

ですが、この記録を生み出すためにベーブ・ルースは多くの三振も盗られています。
バットを振ると三振の恐れがありますが、バットを振らなければホームランも出ませんよね!まさに成功と失敗は紙一重だと感じました!

「ストライク・アウトなんて恐れちゃダメだ!」

ベーブ・ルースの名言

結果、挑戦しなければ成功もしないということ

改めて言いますが、何もしなければ失敗はしません。そして成長も成功もしません。

何よりも行動しない事が最大の失敗になるかもしれません。

失敗するかもしれないと思う時こそ、実は成長できるチャンスであったり、自分のレベルが上がるタイミングでもあります。

「神様は乗り越えられない試練を人には与えない」という綺麗ごともありますが、あながち間違いでもありません。

匿名さん
匿名さん
「やってみたら出来た!」
匿名さん
匿名さん
「しんどい思いをしたけど何とか最後までやり遂げた!」

こんな成功体験をしている人や、もしかすると自身で経験したことがあるかと思います。
もちろん乗り越えられない大きな試練もありますが、その時の失敗からまた学ぶことがあり人は成長できるんだと思います。

「やってみてダメだと分かった。もっと自分は○○について勉強しないといけない」

などなど、失敗経験から今の自分の足りない要素に気付くことが出来ます。
偉人とまで呼ばれるようになった人達がしてきたように、失敗を重ねて得た経験が元で大きな成功になっていましたよね。

突然、自分の身に何かが起きることを期待して過ごすよりも、「失敗しても学んで成功に活かしてやるぞ!」という気持ちになった方が、ブレイクスルーが起きやすくなるのではないかなと思います!

失敗続きでこれ以上失敗したくない人へ

前向きに勇気を出して挑戦した結果、ことごとく失敗に終わってこれ以上の失敗はしたくないっていう人もいるかと思います。

結果的に、自信を無くして自己肯定感が低くなってしまっているのかもしれません。

上手くいかない時は、一度冷静に自己分析をして自分を見つめ直す時間が必要です。
失敗続きなら、小さな成功を積み重ねて低くなった自己肯定感を高めていきましょう!

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
小さな成功体験で自信を取り戻そう!

まとめ

とはいっても失敗することは怖い事ですが、取り返しのつかない失敗ではなければ思い切って挑戦してみて、失敗してみるのもいいと思います。

この記事をまとめるとこうなりました!

☑失敗しない為の一番の方法は行動しないことだが、成功もない。
☑偉人たちのように失敗を恐れていては大きな成功は手に入らない
☑行動しないことが最大の失敗と後悔する場合がある

失敗しないで行動しないことこそが、最大の失敗だと意識を変えて、挑戦しましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

年齢を理由に挑戦しないのは勿体ないから今すぐ行動しよう!気が付けばもう30手前、、、 正確に言えばまだ20代だけど若い人から見たらもうおっさんな僕です! そんなおっさんだから思う事...

COMMENT