体の悩み

腹痛・便秘・下痢が頻繁になる理由。原因は過敏性腸症候群かも

世の中には体に何らかの影響を及ぼし、辛い症状になってしまう病気が無数にあるかと思います。

それは程度の酷いものや軽いものまで幅広く。

そんな中、最近僕は耳にしたことのない病名を聞く機会がありました。

その病名とは、過敏性腸症候群。(かびんせいちょうしょうこうぐん)

別名IBSとも言われています。

 

この記事にたどり着いたあなたは、恐らくこの病気について調べものをしていることかと思います!

病院でも中々診断されにくく治りにくいと言われている病気ですが、僕が本などを読んで調べた事をまとめてみましたので、少しでもあなたのお役に立てればいいなと思います!

⏹️過敏性腸症候群とはどんな病気なのか?

聞きなれない病名ですが、腸の病気で食べ物やストレスによって発症すると言われていますが、その他の原因には「体質」が関係しています!

大きく分けると3つのタイプがあります!

■下痢型

■混合型

■便秘型

そして症状としては以下のようなことがあります。

・頻繁におなかが痛くなる

・固い排泄物ではなくほとんど下痢になる

・ストレスを感じると急激にトイレに行きたくなる

・便秘になる

・食べ物を食べるとすぐにお腹を下す

・お腹がゴロゴロ鳴る

・おならが出やすくなる

 

実は僕も非常にお腹を壊しやすく、冷凍の物や外食したりなんかすると頻繁にお腹を壊すので、IBSの疑いがあるのかもしれないと調べていてビクついています。

 

ぼく
ぼく
屋台のかき氷を食べるとすぐにお腹を壊します!

 

⏹️実際に悩まされている人の体験

■ケース1

小学生のお子さんで、体を動かすことが好きだったのにある日、よくお腹を壊すようになった。ただの下痢なのかな?と思っていたその症状はやがて重くなり、朝起きてトイレに3時間ほど出てこれない日が続くようになりました。

そして外出中に、突然くる腹痛に耐えきれなくなり、漏らしてしまうかもしれないと考えると出掛けることが出来なくなり、とうとう登校できなくなりました。

病院で診察を受けても、特に腸に異常がないと言われ処方箋を出されても解決しない日々が続きましたが、根気よく原因が分かる病院を探した結果、ようやく過敏性腸症候群と分かり、正しい処方を受ける事が出来ました。

 

■ケース2

20代後半のバリバリと働く社会人の男性。体を動かすことが趣味で健康面でも変わった所はありませんでした。

先程の例を挙げても過敏性腸症候群とはなんら関係性のない生活を送っていました。

所がある日、腹痛でお腹を壊し下痢になってしまいます。前日お酒でも飲み過ぎたのかな?ぐらいに思っていましたが、それからしばらくしてまた下痢の症状が。

それからは2~3日定期に下痢になるようになり、さらに頻繁にお腹を下すようになっていきました。

外でご飯を食べればお腹をすぐに下してしまうなど、気付けば自分ではコントロール出来ない状態になってしまい、近くにトイレがない環境にとてもストレスを感じるようになってしまいました。

その結果、電車には乗れなくなり、毎日車で通うようになり通勤途中にあるトイレマップまで作らなければいけない状況になってしまいました。

奥さんや子供もいるので仕事を辞める訳にもいかず、病院に通うも原因が判明しない事が数年続きました。

根気強く何度も病院を訪ねた結果、ようやく病名が分かりました。

それから、症状を抑える為に通院し、諦めていた外食や旅行にも行けるぐらい回復するようになりました。

ぼく
ぼく
下痢なら1,2日で普通治るよね?って普通の人なら思ってしまうことでも、過敏性腸好症候群の方は終わりの見えない病気と闘っているんだね・・・

 

 

⏹️理解されにくい症状

IBSはすぐにお腹を下してしまうという症状なので、普通の下痢だと思われてしまいますが、患者にとってはとても辛い症状なのです。

出掛ける時には、すぐにトイレに駆け込めるような環境がないと「漏らしてしまったらどうしよう」という恐怖心が常に頭の中にあります。

また、病名に過敏性という名前がある通りストレスが掛かると症状が出やすくなります。

「漏らしたらどうしよう」という不安とストレスから、さらに症状が悪化し悪循環に繋がります。

下痢以外にもお腹が鳴りやすくなったりガスが出やすくなるので、シーンとした静かな場所では常に自分のお腹の音が鳴らないよう意識するため、体に強いストレスが掛かってしまいます。

下痢や腹鳴は自分でコントロールすることが出来ない事なので、ちょっとしたことで症状が出ると思うと、その辛さがどれほどのものなのかという事をお分かりいただけるでしょうか?

また、健常者と同じように見えてしまう所が中々理解されにくく辛い思いをする事があります。

 

ぼく
ぼく
僕も舞台でシーンとしている時に何度もお腹がなって恥ずかしくなりました・・・

⏹️どんな人が発症するのか

腸の病気ですが、一体どんな人が発症してしまうのでしょうか?

一番の原因は「ストレス」です。

実は腸と脳は繋がっていて、脳にストレスを感じると腸の動きがストレスに過敏に反応してしまい、その結果腹部に不快感をもたらしてしまいます。

そういった理由から、ストレスが原因で発症してしまう現代病として認知されてきていますが、ストレス以外にも関係していると言われているのが「体質」です。

同じような生活や食事生活をしていても、IBSの症状が出ない人もいるので体質によって発症してしまいます。

 

次に、症状が起きやすい体質は大きく分けて3つになります。

1、腸菅運動異常型
ストレスが腸に過敏に反応してしまう体質

2、腸菅形態異常型
腸の形から運動が不足すると便秘や下痢になる体質

3、胆汁性下痢型IBS
食事をすると胆汁が原因の下痢を起こしやすい体質

また、その他にも強いストレスや特定の食品でもIBSを起こすこともあります。

最近では、原因とされる食品を制限する「FODMAP(フォドマップ)制限療法」が注目されていますが、症状を緩和する効果もあるようです!

 

調べていると、元IBSを患った人がFODOMAP制限療法について情報を発信してるサイトがあったので、リンクを貼っておきますね!

■Tastomach
http://tastomach.com/

⏹️日本では約5人に1人がかかっている

あまり馴染みのない病名ですが、実は日本人の5人に1人がIBSに掛かっていると言われています。

症状は軽度のものもありますが、お腹を下しやすい人はIBSの可能性があるのかもしれません。

その場合は、体質でお腹に合っていない食べ物も多く摂取している場合がありますので、お腹を下しやすいと思う方は、お医者さんに相談してみるのもいいかもしれません。

⏹️対処法

IBSは体質なので、医者に処方してもらうのが一番ですが、日頃から気を付ける事も出来ます。

もしもIBSなのかもしれないと感じた場合は、口に含む物から見直してみるといいかもしれません。そこで下痢になりやすいと言われている物は過剰に摂取しないようにしましょう。

■下痢になりやすい食べ物

・牛乳
・お酒
・コーヒー

ストレスを感じると腸がイライラし、お腹の調子を崩しやすくなってしまいます。
適度に息抜きをし、ストレスをためないように発散するよう心掛けるといいかもしれません。

 

ぼく
ぼく
ストレスが溜まるとお腹も痛くなったりするよね

 

⏹️まとめ

今まで生きてきて、何気ない症状に病名があって、とても苦しんでいる人がいるなんて知らなかった・・・

普通の体調の人なら月に1度も下痢をしない事の方が多いかもしれませんが、患者さんの中には、「1ケ月で何度下痢になる?」と、ひと月に下痢をすることが前提で質問してしまうほど、異常に気付かない症状があると知りました。

過敏性腸症候群を知った事で書いたこのブログが、身近にこの症状に悩んでいる人の理解や付けなんかの力になれればと思います!

別の記事ではおならの原因についても書いているので良ければご覧ください!

あわせて読みたい
誰にも聞けないおならの悩み!原因は悪玉菌?解決策を調べてみました!おならって状況によっては開放的な気分にさせてくれたり、緊張感を持たせてくれたりしますが、中々場所を選ばせてくれない困った現象ですよね。 ...