テレビ・映画

【同期のサクラ】高畑充希主演ドラマ。第九話のあらすじと感想

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

この記事では、秋ドラマの【同期のサクラ】の感想とレビュー・次回の展開予想を書いていきたいと思います!

https://ototoi.net/doukinosakura-nihontv-story8/

登場人物

北野 桜(高畑 充希)
月村 百合(橋本 愛)
木島 葵(新田 真剣佑)
清水 菊夫(竜星 涼)
土井 蓮太郎(岡山 天音)
北野 柊作(津嘉山 正種)
脇田 草真(草川 拓弥)
中村 小梅(大野 いと)
火野 すみれ(相武 紗季)
黒川 森雄(椎名 桔平)
葦田(村田雄浩)

前回のあらすじ

北野 サクラ(高畑 充希)が意識不明になったのは、隣の家族が原因だと知る同期の皆。
しかし、それは落ち込んで引き籠っていたサクラが皆の励ましで、サクラらしさを取り戻していた何よりの証拠だった。

同期の仲間4人はサクラが休職して1年後、月村 百合(橋本 愛)の出産を機にもう一度だけサクラを励ます事に。

サクラは田舎の祖父が生前、電話やメールの代わりにFaxで近状報告をしたり、祖父に励まされたりしていた。それを真似てサクラにメッセージを送る事に。

Faxに見立ててドアの隙間からメッセージを書いた紙を何枚も入れていく。

『また明日』

それを見たサクラは部屋から出て皆を探し始めるが、隣の家の子供がバイクに跳ねられそ
うになるのを身を呈して助けそれが意識不明の原因となったのだった。

そしてサクラは病室で皆の励ましの声を聞き、皆が病室を出た後そっと 1 人目を覚ました。
ついにサクラが目を覚ましました!仕事復帰も出来るといいですね。
これからのサクラは何を夢に生きていくのか興味惹かれるところです。

同期のサクラ~第 9 話のストーリー

目を覚ましたサクラの元へ同期の皆が駆け込んでくる。

皆と話す内に「信じあえる仲間と沢山の人を幸せにする建物を作るという夢を叶えるためにも、これからもがんばります」
そう皆に伝えたサクラに、みんな心底嬉しそうに安心した。

会社は解雇されてしまい、リハビリに通い再就職を頑張るサクラ
しかし嘘をつけず、面接時に解雇になった経緯を話してしまう。
その為中々就職先が見つからない。

貯金も減ってしまい、コンビニでアルバイトしながら職探しをする事に。
そんな折、いつものように迷惑行為のレジを待つ客に注意してしまい、コンビニをクビになってしまう。

田舎に帰る事を決意するサクラだったが、同期の4人に研修の時サクラがとても褒めてい
た設計の建築がはじまった事を教える。

「10年かけて着工にこぎつける事が出来た」

それは、「サクラの言った言葉が挫けそうな時、何度も蘇って勇気が湧いた」からだった。

サクラは同期の仲間以外にも誰かを知らないうちに励ましていた事を知り、皆にまた励ま
され翌日から意欲的に面接に行く。

そこで即採用になったものの、その場で前の会社の元上司、黒川がやってくる。

「花村建設へ戻ってこい」

黒川はサクラを自分の元で働かせようとしていた。

同期のサクラ~第 9 話の感想

9ヶ月の眠りから覚めたサクラは真面目にコツコツリハビリを頑張ってましたね。
途中で投げ出したりしなさそうです。面接の時も嘘はつけない性分が災いして中々採用にならないし資格も無いから気持ちはダウン。

きっと共感できる人も多かったんじゃないかなと思います。
今まで沢山仲間の悩みをサクラなりに励ましてきた事が返ってきた、そんな展開でした。
いつもはじっちゃんに悩みを打ち明けていたから、誰かに相談する事が出来なかったんで
しょう。

切っ掛けがあると話せたりしますが、そのきっかけを掴むのが難しい事もあります。
10年過ぎて環境が変わっても変わらず、励まし合える関係ってとても素敵だと思いました。

次回の予想

サクラはどんな権力を持ってしまったのでしょうか。
百合ちゃんの言葉が気になりました。
「もしかしてアンタが一番権力をもっちゃいけないタイプだったりして」
なんだか強まっていた絆が綻びそうな次回でハラハラしそうです!

他にも別のドラマ記事を書いているのでこちらもご覧ください!

https://ototoi.net/sherlock-tv-story10/

https://ototoi.net/nipponnoir-nihontv-story9/

 

 

 

-テレビ・映画
-, , ,

© 2020 ローカルライダー Powered by AFFINGER5