恋愛

【シャーロック】ディーン・フジオカ主演ドラマ。第十話のあらすじと感想

記事をお読みいただきありがとうございます!

毎週月曜日、夜9時放送の「シャーロック」の感想と今後の展開予想をして行きたいと思います!

いよいよ最終回手前の回です。
最後ぐらい2話使ってやるのかなと思いましたが、そんなことはなくやはり一話完結で途中からでも見れる内容となっています。

これまでも現代社会の闇というか問題を取り上げることもありましたが、今回はパワハラに関するお話です。

それでは今回の放送を振り返っていきましょう!

https://ototoi.net/sherlock-tv-story9/

登場人物

誉 獅子雄( ディーン・フジオカ)
若宮 潤一 (岩田剛典)
小暮 クミコ (山田真歩)
レオ (ゆうたろう)
江藤 礼二 (佐々木蔵之介)
市川利枝子(伊藤歩)
青木藍子(菅野美穂)

今回のあらすじ

いつものようにバスケの練習が行われていたがキャプテンである鵜飼が来ない。練習がきつく逃げたのかとコーチは思っていたが実は誘拐されていた。そのゆうすけは、都知事の息子であり江藤 礼二 (佐々木蔵之介)は手柄をつかもうと誉 獅子雄( ディーン・フジオカ)に捜査を手伝ってもらうように頼むが…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

都知事の息子が誘拐されてしまいました。それは一体お金目的なのか、他の目的があるのか?そして犯人は誰なのか?登場人物全員が怪しいです!

誰が犯人でありどこに監禁されてるのか予想してもらいながら見てもらえたら幸いです。

シャーロック~第10話のストーリー~

いつものように聖ルーク高校ではバスケの練習が行われていた。
だがキャプテンである鵜飼が来ない。

コーチは、練習がきつく逃げたのかと思っていた。しかし実は誘拐されており、都知事である鵜飼の父のもとに「息子は誘拐した、お金を用意しろ」とのメールが来た。

江藤の部屋の扉前で頼んでいた。
「都知事の息子が誘拐されたんだよー、手伝ってくれよー」と言うがはうんとはいわない。

江藤「その他の事件もあってな、これにこれにこれに…」と言うと「金はくれるんだろうな?」と聞く。江藤「もちろん!」と言うとは部屋から出てきて早速事件に向かう準備を始める。

 

江藤をその気にさせたことを誇らしげに、「これはマジシャンズセレクトっていってな、獅子雄に選ばせたんじゃない、俺が選ばせたんだ」若宮 潤一 (岩田剛典)に言う。

「なにがマジシャンズセレクトだ、あんたのはただのバナナの叩き売りだ」と一蹴。そして家を出るとき若宮に言う。

「ここにもお世話になったからな、恩返ししないとな」と。若宮はもうすぐ別れが近いことを悟るがなんだか悲しかった。

江藤達一向は、誘拐された鵜飼の息子が住んでいた学生寮に赴く。
すると鵜飼の父の秘書がやってき、鵜飼の息子の部屋に案内してくれた。

 

部屋には鵜飼の息子と同部屋である武内がいた。江藤武内鵜飼の息子がいなくなったことについて事情を聞いた。

「鵜飼の息子は、将来有望な選手でした。寝てていつ出ていったのかもわからないし物音も聞いてない」と言う。
若宮「自分の足で出たかもな、それじゃバレないし」と呟いた。

は、入り口の監視カメラを見ていた。鵜飼の息子は外出していたのが映っていたが、戻って来るところは見つけることができなかった。

次にバスケ部のコーチに話を聞きに行った。
するとコーチは、「あいつは練習がきつくて逃げたんだよ」と話を聞こうとしない。しばらく練習風景を見ていた若宮だったがコーチは選手に強く指導しており、若宮はコーチに「あなたの指導はパワハラですよね、だから練習に来ないんじゃないですか?」とつっかかる。それを止める江藤だった。

 

達は、選手たちに話を聞いていた。「君達は体罰されてたんじゃないか?どうだ?フリースロー対決をしないか?」と持ちかける。選手たちは、承諾した。

若宮「任せたぞ」といい紙を丸めてボールをつくる。
ゴミ箱にフリースローでいれるという対決であったが、選手達も若宮も無事第一投目はゴミ箱に入った。

二投目は選手達は外したが若宮は入れる。三投目も選手達は外すが若宮はゴミ箱にいれた。がしかし、明らか外れそうだったのに入ったことで何かおかしいと思った選手は、ボールにした紙の中を見た。するとそこには磁石が入っており選手達は怒った。

は、「NBAで必要なのは信頼関係と誰のコーチの下で育ったかだ、話を聞かしてもらうぞ」と言った。

選手達はこれまでのことを話してくれた。「2年生の秋にコーチが変わってそこからパワハラがきつくなった、特に鵜飼は強く当たられていた。だが父にその事をいってからその後はあまりなくなったけど逆に俺らがパワハラを受けるようになった」と話してくれた。

若宮「鵜飼くんを恨んでいた?」と優しそうに聞くと選手は「そこまでは…」と顔を伏せながら言っていた。

 

達は、鵜飼の父の下にいた。するとそこにコーチがやってきて「すみません。息子さんがいなくなったのは練習がきついから逃げただけなんです」と謝った。

コーチがいなくなったあと江藤「あくまで逃げたっていうことにしたいらしいですよ」鵜飼の父にいう。

そして江藤「息子さんが誘拐されたことは世間にばらさないでください」と釘を刺したが鵜飼の父はその後、定例会見でそのことを喋る。

江藤達は慌ててその場に行き止めようとするが秘書が「私がやったんです、すみません」と謝っていた。

鵜飼の父が部屋に戻り江藤「なぜしたんですか?」と問いかけていたが、その時鵜飼の父にメールが来る。

「東京ドームに金を持ってこい、黒色の服のやつをさがせ」と。鵜飼の父は、慌てて東京ドームに行き黒色の服を探していた。

 

翌日、その様子が動画サイトにアップロードされており、「3か月後の選挙もまた再選するかもな」と呟いていた。

そして若宮は週刊誌を見ており、そこにはサットンとの癒着が記事として記されていた。
若宮「この事件を追うと守屋にたどり着くかもしれないな、危険だからやめないか」と言うとは、「心配してくれてるのか、だが俺は楽しいからやっている」と話にのってくれない。

若宮「それじゃ俺が先にやる。ピッキングの方法を教えてくれ」と言うとは微笑んだ。

若宮は、コーチの部屋の扉を開けようとしていた。部屋の扉はほどなく開き、若宮はパソコンを捜索する。
するとデスクトップには選手達の苦悶の表情がたくさん貼り付けられており、中にあるデータも練習で苦しんでる選手達の動画や写真だらけだった。

その頃、試合が行われており同部屋の武内はいつもは違うが今回はスタメンで出ていた。そして、ハーフタイムのとき江藤がコーチに「話を聞かせてもらおうか」と連れていく。

それを見ている若宮であったががいる観客席に行き「コーチは、選手達を苦しめてその表情を見て興奮するサディスト野郎だったよ」と言うと「凄いなぁ、わかみーちゃんもう一人でやっていけるよ」と言い、若宮はしばし戸惑っていた。試合は無事勝って終わった。

 

その夜、鵜飼の秘書と武内がいた。

「君は試合に出られた。鵜飼は支持率が上がった。ありがとう、じゃあ鵜飼の息子を出してもらおうか」と言い武内にお金を渡していた。

しかし武内「えっ?僕じゃないですよ?」と言い武内は秘書が匿っていると思っていたのだ。

すると側のサンタの置物が急に喋り出す。

「どうやら計画が狂ったようだな」と、だった。

は秘書に「あなたは鵜飼の隠し子だった。本当なら自分が長男でありちやほやされるはずがそうではなかった。公にはできないからずっと陰者だった」「だがそんなとき同じ境遇である武内くんを利用し鵜飼に復讐しようとした」と。

秘書は泣きながら「いつも二番手の武内くんがみじめで…」と話していた。

若宮は、学生寮で煙を巻いていた。
すると鵜飼の息子が部屋の屋根裏からゲホゲホ言いながら出てきた。そしてすべてを話した。「最初は秘書と武内で計画していたのを知って父とコーチを困らせるため自分で隠れてやった。」鵜飼の息子は話した。

は、鵜飼の父の下に報告にいっていた。
だが、「あなたが息子である秘書に復讐心を募らせ行わせた」と言い鵜飼の父は反対していた。

そして、部屋に戻るとテレビで市川が脱走したとの報道が流れていた。市川が前の地面師事件で守屋のことを話していたことを思い出す。

脱走したことにつき警察では班が組まれだし、達も最終決戦に向かう。
はたして若宮はどうなるのだろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シャーロック~第10話のストーリーの感想~

今回は今社会問題になっているパワハラを取り扱ったものでした。
コーチが犯人かと見せかけといてまったく違いました。

いろんな人物を疑える線があったので今回はまったくの予想外な展開・・・・。
守屋の話は出るかと思いましたがやはり出てきて、最終決戦はまもなくですのでうまくそれに繋げられたのではないかと思います。

それと今回はオープニングがちょっと凝っていたと思うのでぜひ見てほしいです!

次回の展開予想

 次回はいよいよ守屋との最終決戦であり最終回です。

最終決戦といっても外国に守屋はいるので直接会うことはなさそうですが、そうなるとすれば次回作に向けてやや中途半端に終わらせるのか、それともすべての伏線回収しきちっと終わらせるのかわかりませんが、僕は前者だと思います。

そして誉と若宮の関係は一体どうなるのか楽しみです!

脚本家とかプロデューサーの作品にハッピーエンドがあまりないので、これはややバットエンドで終わるのではないかと思いますがこれもわかりませんね。

とりあえず来週が楽しみです!

また、別の今期のドラマの感想も書いているのでこちらもご覧ください!

https://ototoi.net/nipponnoir-nihontv-story9/

https://ototoi.net/doukinosakura-nihontv-story8/

 

 

 

COMMENT