恋愛

【シャーロック】ディーン・フジオカ主演ドラマ。第一話のあらすじと感想

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

2019年秋ドラマ!
今年最後の連続ドラマが始まりましたー!
毎週月曜日、夜9時放送の「シャーロック」の感想と今後の展開予想をして行きたいと思います!

「シャーロック」は、アーサー・コナン・ドイルの「シャーロックホームズシーリズ」を原作とし、現代の東京を舞台に数々の事件を通して主人公である誉獅子雄若宮潤一の人間の成長を描くドラマとなっています。

脚本は、昼顔や白い巨塔の井上由美子氏とプロデューサーはレ・ミゼラブルやモンテ・クリスト伯等過去の名作を手掛けている、太田大氏でありどう描くかが見所です!
それでは今回のドラマ内容を振り返っていきましょう!

登場人物

誉 獅子雄( ディーン・フジオカ)
若宮 潤一 (岩田剛典)
小暮 クミコ (山田真歩)
レオ (ゆうたろう)
江藤 礼二 (佐々木蔵之介)
ほか

今回のあらすじ

都内の病院の中庭で遺体が発見され、他殺ではないかとの疑いから警部である江藤礼二達は病院関係者への事情聴取を始める…

そんななか、江藤に頼まれ時折捜査を手伝ってる犯罪捜査専門である誉獅子雄が看護師等の証言から、虚偽を見抜き必要な情報を聞き出していく中、部屋から一人立ち去っていく人物がいた…

精神科医である若宮潤一
そのことを見逃さなかったは、なにか重要な鍵を握ってるのではないか?と疑い捜査を始める。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はたしてこの人物が重要な鍵を握ってるのでしょうか?

場面場面で随所に隠されている解決への糸口を手がかりに、犯人を考えながら観ていくと一層楽しめるでしょう!

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
どんな展開になっていくんだ・・・

シャーロック~第1話のストーリー

病院で遺体として発見された消化器科医師である赤羽栄光
その事件について、事情聴取中に一人立ち去っていく人物が鍵を握ってるのではないか?と思い、後をつけて行き「大学が同じようだけど友達か?」と聞く

それに対して「なんでもない、ただの友人だ」と一喝するが、の類い稀な観察眼で病院をやめようとしてることが言い当てられ落ち着く若宮

そんな最中、一本の電話がかかってくる。警部である江藤からでありの雨漏りしている家で事件について重要な事実を聞く。
「胃の中にパセリとバター」赤羽の直前の行動を聞き何かを考えだすであった。
その頃、「若宮」は自宅で赤羽と写った写真を見ながら一人うつむくのであった…

 

後日、赤羽の家におとずれた江藤、そこで赤羽の奥さんから赤羽若宮は大学での友人だと聞かされる…
若宮は知り合いだといっていたが、そのことを隠していることに疑問を抱き赤羽若宮の母校に聞き教授から話を聞き出すことに。

そこでかって二人は船の同好会で仲良しだと聞かされ、よくそこで医師になる勉強したとも聞かされ、その同好会を調べる
その同好会を調べると一人の人物があらわれた。

郡司という男、同じ同好会の人物であり一人だけ医師になってなかった。

 

この人物の詳細を聞きに、病院の若宮のもとへいくが途中であった看護師によりその人物は2週間前に来院し、その時に郡司赤羽が喧嘩する声が聞こえたという…

赤羽の告別式の日、若宮は奥さんと喧嘩をしてしまう。

近くにいた江藤達が部屋にはいるとこぼれたお茶に泣きじゃくる奥さんが。

奥さんは若宮に昔から言い寄られていて赤羽がいなくなった今、再び言い寄られており昔の赤羽の写真を見ると若宮の部分だけが破られており、もしかして若宮が…と疑問が浮かぶようになる。

その夜、ファミレスで若宮と看護師の影があった。

「あの事喋るよ?だまっといてあげる」と看護師は若宮の手を掴み言うが若宮は、「言うなら言えよ!」と言いファミレスをでる…

そんな様子を外から見てたにたいして話を持ちかけられ若宮の家へ。
「仕方なくいれたんだ話が終わったらでていけ!」という若宮に対してそんなことは気にもかけず冷蔵庫を開けバターをみつけ、パセリを育てていることもわかる。
は、パセリをバターにつけて怒っている若宮に対して一言「食べるか?」と不適な笑みを浮かべた。

その頃警察に看護師はいた。
看護師は腹いせに若宮が実は赤羽と喧嘩していたと事実を告げ、若宮が事情聴取をうけることに。

「僕はやっていない!!」と言い張る若宮。そこにから江藤に一本の電話が…「奥さんにもうすぐで犯人がわかります、そう告げてください、そして若宮は犯人ではない」と…

江藤から電話を受け取った赤羽の奥さんは、化粧をし男に会っていた。

 

署からでてきた若宮はよく事情がわからなかったが「手伝ってくれ!」といわれ奥さんに電話をかけることに。

「あのことをいいますよ」若宮が一言いい、奥さんは「なんのこと?」と首をかしげる。
だが、がバイオリンでパトカーのサイレンのメロディを電話越しに流すと奥さんは急に態度を変え「主人をしのんで船の上で話しましょうか?」といい、若宮はこれを飲んだ。

翌日船上で話し合う二人。デッキの中に入り奥さんが水を差し出し赤羽若宮の過去について話し出す…

なんと若宮赤羽達大学の同好会で、この船の上で医師試験の試験問題を勉強しずるして受かったのである。
若宮はこの過去のことでずっと悩んでた事実を告白する。

しかし、それは赤羽も同じであり「ずるして受かった分医師になってから取り戻そうと頑張ってた」と奥さんは言い次の瞬間表情が変わる。

「でも一人だけ受からなかった郡司くんは、ずるして受かったのを脅しに赤羽に金をたかるようになった」

「このままではいけないと思い話し合うことに決めたの」と。

船上で郡司とのことを話す奥さん…その会話を聞くものがもう一人いた。

である。実は、若宮の胸元には盗聴機がつけられており、これは若宮に付け7さしたものであり若宮と奥さんが乗る船の後をつけてきたのである。

そんなこととは知らずに話続ける奥さん。「船の上で話したの。でも郡司は私達を相変わらず脅し続けた。ここでやらないと一生たかられると思った私は…」といいことのすべてを告げた。

郡司に熱湯を被せ赤羽郡司を殺させたこと、郡司の遺体を海に沈めたことを…
若宮は真実を聞き驚愕してたが、どうやら先ほどの水に睡眠薬がしこまれてたらしくその場で眠ってしまう。

奥さんは、若宮を海に沈めようとするがその時、が船に乗り込んできた。
奥さんは、急いでその場を取り繕うとするが間に合わずと話すことに。
はことの始終はすべて聞いたといい、独りでに話し始めた。

その瞬間、熱湯を被せようとする奥さん。だかそのことは予想してたかのようには避け若宮にあたり、「あちぃ!」と若宮が叫ぶ。

「睡眠薬は仕込まれることぐらい分かるだろ」はいい、奥さんは驚く。
そして「赤羽には生命保険金がかけられてい、あなたは受け取りにいってた」と写真をみせる。

そう化粧し奥さんがあっていたのは保険の人だった。
だが奥さんは「私は赤羽をやってない!」と告げた瞬間、「自殺だろ」と言い自殺の直前に家族とあっていたことを話す。

そして、その時に子供の残したパセリをバターにつけて食べたことを明かした。
赤羽郡司を殺したことで罪悪感を抱き、警察に出頭しようとしたことがありそれに対し奥さんは「犯罪人になったお前は価値がない!」と罵ったことがあった。

それが自殺の引き金になったとはいうが奥さんは、「実際に手を下してない」から大丈夫だというが郡司の殺人教唆といわれ観念する。

が、若宮に対し「私が捕まったらお前の不正が暴かれるぞ」といい、「それはいけないな~」という。そして数日が過ぎる…

病院の入り口に若宮はいた。病院をやめるようであり何かから解放されたかのようにその顔は清々しかった。

自宅に帰り、今後のことを考えてる若宮であったがそんな折、が自宅に入ってきて「ここはおれの部屋だ!」と一言。

出ていってほしい若宮は、窓からの持ち物を捨てるが自身も興味がって一緒にものを捨てていた。
そんな二人の顔は、まるで子供に戻ったかのような無邪気な顔であり、若宮との出会いに何かを感じているようだった…

シャーロック~第1話のストーリーの感想

第1話が終わりましたが、随所に解決へのヒントが隠されており場面場面で見逃せない内容になっていました。
誉含め、キャラクターの特徴もしっかりとしたものになっています。

後のバディとなる若宮との出会いを描く1作目ですが、その出会いは刺激的でありどのような展開になるのかと思いました。
そういった物語の進め方、登場人物の人間関係がおもしろいところである一方、ヒントが出されるたびにだんだん謎が深まっていく…
それらが絡み合い、気づいたときには虜になっている自分がいました!

次回の展開予想

シャーロックは、1話完結の構成になっており次の話は遺体が別人のものというということで、それを若宮と二人で謎といていくのではないかと思います。
なにより誉と若宮のバディでの初事件なので、第1話は誉の力だけだったが若宮が入ることによりどんな化学反応が起こるのか、そこが楽しみな部分だと思います!

また、別の記事でも今期のドラマの感想・展開予想の記事を書いているのでこちらからご覧ください!

https://ototoi.net/doukinosakura-nihontv/

https://ototoi.net/nipponnoir-nihontv/

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
次回もお見逃しなくっ!!

 

COMMENT