ライフスタイル

社会人の悩み・目覚し時計のアラームが鳴らない!寝坊しない為の対策

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

社会人になって許されないことが、学生の頃に比べるとずいぶん増えたと感じる今日この頃。

失敗すること
仕事でミスをすること
目上の人への扱い
税金をきちんと払う
大人として振舞うこと

そんな許されない世界に生きている僕たちですが、他にもたくさん許されないことがある。

今回は、その中からひとつピックアップして対策と記事を書いていこうと思います!

そして、僕がピックアップした社会人になってから許されないことは、、、

 

”寝坊”

 

僕自身朝が苦手で、眠たい目をこすりながら見た時計で何度もヒヤリとした経験があるため、どうしたら寝坊をしないで済むのか色々と対策について調べてみました!

一時期、ほんとに寝坊が怖くて夜眠ることが怖くなったこともありますが、なんとか朝起きて会社に行っています!

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
それでは早速行ってみよう!

寝坊してしまう理由

誰しも明日は寝坊してもいいかな~と思いながら、眠ることはないかと思う。
しっかりと、寝坊しないように目覚ましのセットをしてから明日に備えて就寝しているのではないでしょうか?

しかし、それでも予定時刻に起きれない時があるはず。。。

それは、朝に強いはずのアナウンサーでも寝坊してしまうことがあるのだから・・・
そして、起きて時計を見た瞬間にパニックになってしまうだろう。

さて、絶対にしたくない”寝坊”ですが、どうして寝坊をしてしまうのだろうか。

その理由について書いていきます。

目覚まし時計のアラームが鳴らない

いつも決まった時間に寝て、決まった時間に起きる生活をしている人であれば目覚まし時計のセットをしなくても問題ないかもしれませんが、忙しい社会人ともなればそうはいきません。

就寝する時間が変わってしまっても、朝起きる時間は決まっています。
そして、早くなる時もあります。

そうすると体内時計も狂うので、起きる基準となる時計をセットしなければ予定の時間に起きる事は難しくなります。

前日の疲労の影響

毎日仕事をしていると、日によっては忙しくいつもよりも疲労が溜まり、いつも通り起床する事が難しくなります。
疲労回復のため、睡眠も深くなりいつもよりも体が起きることが難しくなるのでストレッチなどして体を休めてから就寝するようにしましょう。

寝付けない

寝る準備をして、ベッドに入りさて寝ようとしても、なぜか寝付けない時があると思います。
僕も寝たいのに寝付けない時に何度か寝坊をやらかしているので、寝付けないというのは心身的に疲労とストレスにも繋り、翌朝起きる事が難しくなります。

ストレスによる睡眠の質

仕事やプライベートでストレスを抱えている場合は、就寝前にも考え事をよくしたりすることが増えます。
その結果、寝る前なのに脳が活性化して体が起きている状態になってしまい、リラックス状態で就寝につくことができずに眠りの質も下げてしまいます。

二度寝をしてしまう

一度は起きたのに、まだ少し布団でゆっくり出来るはず・・・
布団の甘い誘惑と、自分の甘さに負けてしまい気が付くと取り返しのつかない時間になってしまいます。

誘惑に負けてしまうと後に地獄をみることになりますね・・・

寝坊しない為の対策

絶対に寝坊しない!そう誓っていてもやらかしてしまう可能性があるのが寝坊。

いつでもお母さんがあなたのことを起こしてくれるのなら問題ないですが、1人暮らしをしている人なんかはお母さんにお願いすることは出来ません。

最強のお母さんに頼れない人に伝えたい、寝坊しない為の対策をご紹介します。

寝坊をした時の自分を想像する

一番の薬はこれだと思います。

遅刻をしたら会社でどんな目で見られるのか・・・
人からは信用を落とすし、評価も下がる。
そして迷惑をかけた人に謝らないといけなくなる。
さらに、巻き返すために120%の仕事をしないといけなくなる。

寝坊だけで、これだけめんどくさくなってしまう。
そう思えば寝坊をしてしまう恐れがあることを止めて、朝起きられるように意識する事が出来るようになるはずです!

精神論のような感じですが、寝坊した自分を想像して早めに寝ましょう!
そうすると就寝前の行動も変わるはずです!

夜更かしをしない

人間の三大欲求の1つでもある睡眠ですが、夜更かしをして睡眠時間を下げてしまえば起床に影響をきたしてしまうのは想像できるはずっ!
朝起きれないと感じているのなら夜更かしをしないことが大切です!

目覚ましを多く用意する

いつも決まった時間に自分を起こしてくれる最強の相棒が目覚まし時計だと思います。
しかし、その相棒もたまに裏切ることがありますよね。

それは、セットしたはずの目覚まし時計のアラームが鳴らない!という時です。

そんな時の為にも複数の目覚まし時計があれば、ひとつの目覚まし時計に裏切られても他の目覚まし時計があなたを助けてくれるはずです!

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
ちなみに僕は目覚まし3つ用意してます!それでもたまにアラームに気が付かない事があります・・・

就寝前にカフェインを含むコーヒー・お茶を飲まない

就寝前にコーヒーやお茶など、カフェインが多い飲み物を摂取しすぎたりしないことです。ミシガン州デトロイトのウェイン州立大学とヘンリーフォード病院が2013年に行った研究によれば、就寝6時間前のカフェイン摂取でも睡眠が1時間短くなる可能性があるという。

コーヒーは眠気覚ましと言われているのは、カフェインが豊富に入っているからということになりますね!

寝る前におなじないをする

これはエンタメ業界に言われている寝坊をしないおまじないです。
それは、寝る前に自分の枕を起床する時間の回数分叩いて枕にお願いすることです!

例えば朝の6時に起きる場合はこうなります。

まくらを回数分叩く(ポンッ・ポンッ・ポンッ・ポンッ・ポンッ・ポンッ)
明日は朝の6時に起きるぞ!

このように枕におまじないをかけて、起きる時間を意識させることが出来ます。
ふざけているのか?と思うかもしれませんが、効果はあります!

寝る前にスマホやPCを見ない

就寝前は、脳をリラックスさせることが大切です。
目に刺激の強いスマホやPCの画面は脳を興奮状態にさせるため、就寝前に画面を見る事は止めましょう!

気になる異性とのやり取りをしていても、寝坊しない為にもメッセージは朝になってから確認しましょう!

寝坊対策グッズ・サービスを使う

普段の目覚まし時計では起きる事は厳しい体調の時があるかと思います。

徹夜明けで少しの仮眠のつもりが・・・
お酒を飲み過ぎた後の睡眠で・・・

熟睡してしまいそうな睡眠でも、起きなければいけない。
そんな時はこの寝坊対策のグッズを使用してみてはいかがでしょうか?

目覚ましグッズを使う

アプリで起こしてもらう!

おこしてME ( アラーム ) – Alarmy

モーニングコールサービスを利用する

モーニングコールサービス エリアフレンズ | ホテルのモーニングコールをいつでもどこでも

寝坊した時に使える言い訳

寝坊は気を付けていても不可抗力でしてしまうことがある。。。

そんな時に、会社などに寝坊したことを連絡しないといけなくなってしまいます。
バカ正直に言って済む相手であれば問題はないですが、素直に理由を言えない場合もありますよね。
そこで、寝坊した時に使える言い訳を書いていきます!

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
使わなくていいことを祈っている!

出勤途中に具合が悪くなったと伝える

朝起きて時計を見て、目が覚める。
どうあがいても今から出勤しても就業時間には間に合わない。

30分程度の遅刻であれば、出勤途中に具合が悪くなってしまい、トイレにこもっていました。という言い訳が有効です。

1時間以上になると、病院に行くなどの対応が必要になるので短い時間であれば使う事が出来るでしょう。

同居人の看病をしていた

一人暮らしであれば使う事は出来ませんが、親や恋人、家族がいれば急な体調不良の看病をしていたという言い訳が使えます。

本人の病状じゃないので、病院に付き添うなどの長時間の良い訳にも使えると思います。

通行途中にトラブルに合ってしまった

実際に通勤途中でトラブルに巻き込まれることもあるかと思います。

交通事故・通勤電車での乗客トラブル・足を挫いてしまった・落とし物をしてしまった。等々。

あなたの人柄にもよりますが、考えられる言い訳のバリエーションはかなりあるかと思います。

ただし、明らかな嘘のトラブルは見透かされてしまうので注意が必要です。

体調が悪いと伝え、会社を休む

寝坊してしまい、終業時間に間に合わない。
あなたの抱えている仕事の状況によりますが、思い切って会社を休むという選択もあります。

ただし、会社を休んでいるので遊びに出掛けるなどしている時に、うっかり会社の人に見つからないよう、その日は大人しく過ごす必要があります。

もしも上司に見つかった場合は嘘がばれてしまい、非常にまずい事になるでしょう・・・

素直に寝坊したことを伝える

寝坊は自分の自己管理が招いた結果なので、正直に寝坊したと伝えるのが人間的にも気持ち的にも後味の悪くない方法だと思います。

これは会社の雰囲気などにもよりますが、正直に伝えれる環境であれば素直に”寝坊してしまいました”と伝えましょう!

その後の仕事で取り返せば、きっと会社の人も1回ぐらいなら許してくれるでしょう!

ただし、2回目となると分かりません!笑

まとめ

ここまで寝坊について書いてきましたが、どんなに自分で気を付けていても寝坊はしてしまうことがありますよね。。。

僕も寝坊はしたことがあります。
素直に寝坊しましたと言ったり、直近で寝坊をしたこともあり体調不良で休むと伝えたこともあります!

仕事を頑張っていたからこそ、寝坊で自分にケチを付けたくない気持ちになりますが、寝坊してしまいそうになることは今でも度々あります。

だからこそ、寝坊対策をしっかりして寝坊をしてしまう確率を下げるように行動していきましょう!

社会人は責任の伴う生き方ですが、寝坊が怖いという方はこの記事を参考にしていただけると嬉しいです!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

【布団から出れない!】寒い朝にやっておきたい7つの対策!どうも秋尋です! 夏、終わりました。 ということで、これからは秋が来てあっという間に冬が来る季節。 そう、寒い...