テレビドラマ

【ニッポンノワール~刑事Yの反乱~】賀来賢人主演ドラマ。第四話のあらすじと感想

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

毎週日曜日、夜10時30分放送の「ニッポンノワール~刑事Yの反乱~」の感想と今後の展開予想をして行きたいと思います!

今週の回で話もだいぶ進み、来週の回では第一部完結と一区切りを迎えるのでそれに向けての情報が一気に放出されてる今回。だんだん謎が解けていき一番の謎が今回わかります!
これがはたして今後どのような展開を生むのでしょうか?

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
それでは大事なキーとなる第四話を振り返っていきましょう!
【ニッポンノワール~刑事Yの反乱~】賀来賢人主演ドラマ。第三話のあらすじと感想どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です! 毎週日曜日、夜10時30分放送の「ニッポンノワール~刑事Yの反乱~」...

場人物

引用:https://www.ntv.co.jp/NNY/

遊佐清春/刑事Y(賀来賢人)
碓氷薫(広末涼子)
碓氷克喜(田野井健)
名越時生(工藤阿須加)
高砂明海(立花恵理)
江國光成(杉本哲太)
南武修介(北村一輝)
伊上龍治(水上剣星)
香月安彦(駒木根隆介)
前園孝(横山涼)
宮城遼一(細田善彦)
本城諭(篠井英介)
本城芹奈(佐久間由衣)
深水咲良(夏帆)
深水喜一(笹野高史)
才門要(井浦新)

前回までのあらすじ

山奥の小屋で目覚めた主人公・遊佐清春(賀来賢人)
隣には遺体となった班長の碓氷薫(広末涼子)がいた。「おれはやってない…」

の殺人には、過去の未解決事件である10億円強奪殺人事件が絡んでることがわかる。捜査をはじめると理次官である本城諭(篠井英介)が証拠を隠滅し、それを利用とする公安の才門要(井浦新)達と衝突するが、真相はわからないまま…。

そして才門「克喜は南部の子供だ」という一言により課長に疑惑が浮かび…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本城が証拠隠滅し、それを利用して事件を片付けようとした才門
それも上からの命令でのことであり直接事件とは関わりがなかった。果たして誰が?
そんなときに南武修介(北村一輝)に疑惑の矛先が向かい今話は南部に焦点を当てた話となっております。

さぁ今まで一番怪しさを隠していた南武ですが、はたして事件に関わりをもっているのだろうか?そして克喜の父親なのだろうか?

ニッポンノワール~刑事Yの反乱~

~第4話のストーリー~

「克喜は南部の子供だ」清春は、喫茶で皆と考えていた。
そんなとき名越時生(工藤阿須加)の携帯のパスワードがわかったといい、死亡の前日に留守番電話が保存されてたことがわかる。

そしてその留守番電話の内容をきくと南武の元に10億円強奪殺人事件のことで話に行くという内容であり、そのあとから才門の元に「今から真犯人に会います」とのメールが送られてることがわかり、南武が真犯人ではないかとの疑いが清春の中で増した。

場所は碓井班の部屋の中であり、「一連の事件は才門率いる公安の仕業だ」南武が片付け部屋を出るが清春はすかさずあとをつけ、「薫の血痕がついたシャツは課長の捏造でしょ?」と聞くと「ばれたか、鑑識に手伝ってもらってな」と話が進む。

「なぜ公安のせいにしたがるんですか?」と聞くと話をはぐらかし南武はどこかへいってしまった…。

清春は、姿をくらましてる才門とタワーの上で話をしていた。
「蟻みたいだなぁ~」と下を見下ろす才門南武が怪しいとの話をしその場を立ち去る。

喫茶に清春が帰ると名越から「江國は南部の手下であり何か弱味を握られてる」との情報を聞く。
と、そんなとき南武がやって来て清春をどこかへ連れだした。
その頃、江國光成(杉本哲太)は奥さんが入院してる病院にいた。そして電話がかかってくる。「奥さんを助けたいなら手伝え」と…

南武清春を連れだし体を動かしながら話をしていた。「班長が死んだ日、江國さんとアメリカにいませんでしたよね?」と。
南武は、他に用事があったからだとごまかし「克喜の父が南武さんだと聞いたんですが」と言うと「才門か、そんなわけないだろ」と軽い口調で返答をしてきた。そして、清春に軽いジャブを食らわした後「もう時間だ」といい帰っていった。

南武との生前、碓氷克喜(田野井健)を連れて遊園地に行っていたことを思い出していた。そこで克喜の父親を誰かを聞いたのだがは答えたくないと答えなかった。そんなことを南武は車の中で一人思い出していた。

清春は、江國「班長が死んだ日課長の偽造パスポートを使って他の方とアメリカにいってますよね?なぜ偽造して?」と聞くと「お前か!昨日のやつは」と殴りかかってくるが清春は全くわからない。

江國は勘違いと思い。「臓器移植が必要でそれでアメリカにいっていて、順番待ちだけどそれがすぐできるから手伝えと言われた」と泣きながら話した。

そして南武の携帯に克喜から電話がはいる。公衆電話からであり創立記念日で休みだからだ。「なんの用事だ?」と優しく聞くと「薫が死んだ日一緒にいましたよね?写真があります」克喜は昔よくいってたであろう遊園地に呼び出す。
南武はすぐに江國に電話をかけ「重要な写真をもっている」と告げる。

清春はしばらくするとその事に気づき、克喜を探しその日休園だった遊園地にはいると南武克喜がいた。克喜から写真を取り上げると「俺が何かすると思ったか」南武が話す。清春「写真をネタにおびき寄せたんでしょ?」といった瞬間撃たれる。

高い所から狙ってるようでそれは江國だった。「江國が買収された」清春に言う南武。木陰に隠れる清春南武だが江國は射撃がうまく一歩も外にはいけない。

そんな中清春江國をトランシーバー越しに説得する。「奥さんを誘拐しました。誘拐したといっても安全な闇医者のとこです。そこなら臓器移植も先に受けられます。奥さんは江國さんに隣で笑ってくれればいいんです」清春がいうと江國は泣きながら銃を下ろす。

そして下を見下ろすと何者かが清春たちに近づく。ガスマスクをつけた人物が清春たちに銃を向ける。
その時、克喜は「うわぁー!」と声をあげガスマスクの男が撃とうとした瞬間、江國が発砲しガスマスクの人物が逃げるがあとを追う清春

そして清春とガスマスクとの肉弾戦が始まりそれは激しいものとなっていく。
その頃、江國は南武達を助け「ごめんなさい」と謝っていた。

清春がガスマスクに最後の一撃をくらわし「お前は誰だ!」とガスマスクをはずそうとするとガスマスクはあるマークをみせてきた。それは清春が最初に起きたあの山小屋と10億円強奪殺人事件の犯人グループのアジトに書かれたマークと一緒のものだった。そのマークを見た瞬間、清春の脳内には記憶が蘇り意識を失ってしまう。

南武達と江國は話しており江國「あるグループに脅されたんです。それは…」と口封じのために撃たれてしまい、そこにはガスマスクがいた…
はたして清春はどうなったのだろう?

清春は目を覚ます。するとそこは車のなかで目の前には才門がいた。
「やっぱりお前かぁ!」というと「そんなわけないだろ、助けてやったんだよ」と言われ、才門「あのガスマスクはニッポンノワールと言う組織の一員だ」と明かす。びっくりする清春「お前なにされたんだよ」と聞くと清春の脳内には記憶が蘇る、

「あなたが克喜の父よ」…というの言葉だった…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ニッポンノワール~刑事Yの反乱~

~第4話のストーリーの感想

次回で第一部が完結と言うことでそれに向けての重要な事実がわかりました。
克喜の父が清春ということで克喜はこれからもキーパーソンになると思います。
清春がなぜ記憶を失くしていたのかも気になるところ。薫と清春は交流があったことが記憶からわかりますし、あまりまだ触れてないのでどう言うことなのか楽しみです。
今後、これから一体なにがあったのか暴かれると思います!

次回の展開予想

次回は、第一部完結と言うことで薫と清春の関係に焦点を当てて放送されると思います。なぜ記憶を失っていたのか、克喜を見たときなぜ思い出せなかったのかそれらがすべてわかると思います。事件についてはまだまだ謎が多いですが根本の問題がわかる内容になると思います!

また、別の今期のドラマの感想も書いているのでこちらもご覧ください!

【同期のサクラ】高畑充希主演ドラマ。第四話のあらすじと感想どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です! この記事では、秋ドラマの【同期のサクラ】の感想とレビュー・次回の展開...
【シャーロック】ディーン・フジオカ主演ドラマ。第三話のあらすじと感想どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です! 毎週月曜日、夜9時放送ドラマの「シャーロック」の感想と今後の展開予想...