テレビドラマ

【ニッポンノワール~刑事Yの反乱~】賀来賢人主演ドラマ。第六話のあらすじと感想

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

毎週日曜日、夜10時30分放送の「ニッポンノワール~刑事Yの反乱~」の感想と今後の展開予想をして行きたいと思います!

今回から第二部が開幕ということでまた新たな物語がはじまります。話数からしてこれは一部ほど長くはならないと思いますが、3話ぐらい続くと思うのでまた楽しみにみていきましょう!

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
それでは今話を振り返っていきましょう!
【ニッポンノワール~刑事Yの反乱~】賀来賢人主演ドラマ。第五話のあらすじと感想毎週日曜日、夜10時30分放送の「ニッポンノワール~刑事Yの反乱~」の感想と今後の展開予想をして行きたいと思います!今回で第一部...

登場人物

引用:https://www.ntv.co.jp/NNY/

遊佐清春/刑事Y(賀来賢人)
碓氷薫(広末涼子)
碓氷克喜(田野井健)
名越時生(工藤阿須加)
高砂明海(立花恵理)
江國光成(杉本哲太)
南武修介(北村一輝)
伊上龍治(水上剣星)
香月安彦(駒木根隆介)
前園孝(横山涼)
宮城遼一(細田善彦)
本城諭(篠井英介)
本城芹奈(佐久間由衣)
深水咲良(夏帆)
深水喜一(笹野高史)
才門要(井浦新)

前回までのあらすじ

山奥の小屋で目覚めた主人公・遊佐清春(賀来賢人)。隣には遺体となった班長の碓井薫(広末涼子)がいた。

「おれはやってない…」

の殺人には、過去の未解決事件である10億円強奪殺人事件が絡んでることがわかる。
捜査をはじめると次第に警察関係者が関与していることがわかり、事件の裏には大きな力…警察の外の警察といわれる「ニッポンノワール」と言う組織が関与していることがわかる。そしてニッポンノワールとの接触により清春碓氷克喜(田野井健)が自分の子供だと言うことを思い出すが…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回は父が誰だかわからなかった克喜の父が実は清春だったという事実がわかりました。
そこで第一部が完結しましたが、新たな物語がはじまります。
それは新たな疑惑が生まれ、それを調べることになるのですが…。

では振り返っていきましょう!!

ニッポンノワール~刑事Yの反乱~

~第6話のストーリー~

才門要(井浦新)は、ベルムズの元リーダーを撃った疑いで捕まえられそうな清春を助けたが、清春才門の元を離れ警察に見つからないように各地を転々とする。
見つからない清春に対し指名手配がかけられ捜査も本格化し始める中、清春との記憶を思い出していた。

「あんたが真犯人ならあんたが拳銃で…」「違う、ほんとはそこで仲間が侵入するはずだったのにガスマスクの人物が…」

清春の記憶はここで途切れる。

その頃、捜査本部では南武修介(北村一輝)紀平が対立していた。
南武「すべての事件の裏にはニッポンノワールという組織がありそれを隠すために本城を犯人にしたてあげた。すべては公安が絡んでる」と言うと紀平は怒る。

南武「清春はいきて捕まえますよ」と言うと紀平は、「それはできない」と二人の対立は激しさを増していた。

清春はガスマスクのことを聞くためベルムズリーダー・陣内の元を訪れていた。

「あのときはあんまきけなかったけどよ、教えてもらうぜ」と言い陣内に近づく。

その時周りには、一斉に警官が現れ円を描き清春を捕まえようとするが、そこに才門が登場し清春を車に乗せ助ける。才門清春にGPS対策として携帯をわたし「おれらは同じ追われる身、仲良くしようぜ、相棒」と言った。

克喜がいる病院で、才門清春が話をしているとドクターがやってきて「克喜くんの薬が認可の降りてないもので…」といってきた。
克喜に聞くと「どこで手に入れたかわからない。毎日母に渡されてた」と言う。そして部屋に戻ろうとすると深水咲良(夏帆)から電話がかかってくる。

「警察が中に入ったからにげて!」と。

清春達は克喜も連れて病院の外に逃げようとするが、後輩のまきに出会う。まきは、普通に拳銃を向けてきて撃ってきた。だが、まきの足元にガスボンベがありそれをうち爆風で倒れてる間に外への脱出に成功した。

清春達は、同僚の高砂明海(立花恵理)の自宅にいた。
才門は「最高の隠れ家だ、灯台元暮らしってな」と喜んでいる。清春南武からもらった克喜の病院に付き添う写真を取り出し、後ろの人物が行方不明になっておりベルムズのメンバーも警察病院にいくたびいなくなってることから、これを怪しいといい才門清春はこれについて調べることにする。

後日、ストリートダンスをしてる集団の元にいき話を聞きに行く。
ここにいる内の一人のメンバーは、行方不明になったベルムズの構成員の友達であるからだ。

話を聞くと、アルバイトとして病院に行きその日から帰ってこないということだった。
警察病院には何かあるとわかりアルバイト応募のその用紙を受けとる。清春が話をしてる最中、克喜はダンスをならっており帰りに清春「下手だったな、俺ににてる」といっていた。

警察病院に侵入しようとすると、周りにはたくさんの警備がされておりやはり何かあると感じた二人はあるところに向かう。ほうらい撮影所に訪ねた清春はあることを頼んでいた…

そんな折、捜査本部では見つからない清春達に対しイラついていた。が、高砂「今から清春達が警察病院に侵入します、才門警部からの情報なので確実かと」といいこれに食いついた公安の紀平はただちに人員を病院に送る。その計画書の裏にはヒーローショーのポスターがついていた。

病院でヒーローショーが行われる。まきは、ヒーローショーのヒーローの中身に清春は隠れてると思いショーが終わるのを待つ。

ショーが終わりまきは、取り囲む。するとヒーロー達は逃げ出した。
まきはすかさず追いかけ頭に銃口を向けマスクをとる。するとそこにいたのは、ほうらい撮影所の人であり清春ではなかった。

あっけに暮れるまきだったが、中では混乱をいいことに清春達はエレベーターにのる。「5→3→8→2」と階のボタンを押すと地下の遥か下の階に向かう。「こんな下に隠れ家があったとはな」清春

そう、これはアルバイト応募用紙にあったものである。下に行くと、ガスマスクの男がいて肉弾戦になる。清春はマスクをはずすとこまで追い詰めるが例のマークを見せられ意識をうしなってしまう。そして、意識が回復したときそこには血まみれの才門がいた。

才門からあとを頼まれた清春は施設の最深部までいく。するとそこは実験場であった。
そこで清春は思い出す。

「克喜は元々おとなしい子ではなかった。なぜおとなしくなったのかというと人体実験されたからよ」のいってたことを思い出す。
気づいたときには周りには怪しい人物に囲まれていた。そして清春覚醒まで34日、第二部開始ということで第二部が始まりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ニッポンノワール~刑事Yの反乱~

~第6話のストーリーの感想~

第二部が開始しましたが、人体実験されていたということで、衝撃な内容だったとおもいます。克喜がだんだん成長しているのを表現してるのかなと思ってましたが、実験されて性格が変わってそれが切れてきているというまさかの内容でびっくりしてます。

ちなみに才門は生きていると思います!
今回はちょっと特殊な話でちょっと好きでした。

次回の展開予想

さぁいよいよ第二部がはじまったということで、今回は克喜が人体実験されていたという衝撃な内容でした。これから詳細についてやるでしょうが展開については全く読めません。いったいどうなるのか?来週も楽しみに待ちましょう!

また、別の今期のドラマの感想も書いているのでこちらもご覧ください!

【同期のサクラ】高畑充希主演ドラマ。第六話のあらすじと感想どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!この記事では、秋ドラマの【同期のサクラ】の感想とレビュー・次回の展開...
【シャーロック】ディーン・フジオカ主演ドラマ。第六話のあらすじと感想どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!毎週月曜日、夜9時放送の「シャーロック」の感想と今後の展開予想をして...