ライフスタイル

可愛いだけで飼わないで。ペットを飼う人は責任と覚悟を持って下さい

どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

他人の飼っているペットを見ると、可愛くてつい飼いたくなってしまうかと思います。
その気持ち分かりますが、その可愛らしさだけで飼わないでください。
他人のペットを可愛がる分には責任はないですが、その人には命尽きるまでお世話をするという責任があります。

責任がなければ気軽に動物を可愛がることが出来ます。

動物以外でも、よく赤ちゃんや子供をみて「可愛い」と言う人がいますが、家では親の言う事を聞かないやんちゃな子だったり、お金が掛かったりしてとてつもない苦労を経験しているはずです。

うっすらと「子育ては大変そうだな」と感じる事は出来ますが、あなたに責任がないからこそ気軽に「可愛い」という言葉が出てきてしまうのだと思います。

実際に自分が世話をしなくてもいいので、散歩している犬やテレビで見掛ける愛くるしい動物を見て動物を飼いたくなる気持ちはわかります。

しかし、実際に世話をしないと見えてこない問題も数多くあります。
僕自身も、犬やウサギといった動物を飼っていた経験があります。

少し話はずれてしまいましたが、あなたは本当に可愛いという気持ちだけで、動物をペットにした時にどんな時でも世話をして最後まで愛することが出来ますか?

今回は、お金を出せば簡単に飼えてしまうペットについて僕の考えを書いて行こうと思います。

動物は可愛く見えてしまう生き物

多くの人は動物を見て「可愛い~!」という感情が湧きでてくるかと思います。
僕も、犬とか猫とかハリネズミとかナマケモノとか可愛くて見ると撫でたくなってしまう人間です。

人間とは違う仕草と表情。時にはこちらに歩み寄って来てくれる姿に心を奪われることもあります。
その可愛らしさから、家族に迎え入れたいと思う気持ちも分かります。
ですが、実際に家族に向かい入れる前にもう一度、考えて欲しい事があります。

動物は我々人間と同じように生きています。
当然、ご飯も必要で食べたら排出物のお世話もしないといけませんし、家族として迎え入れたら、「可愛い」だけで済む関係性ではなくなります。

やりたくないこともメンドクサイことでも、途中で投げ出さずに責任をもってやらなけばいけません。

ペットを飼うことによって発生するお金

ペットを迎え入れたら、当然お世話をしないといけません。
自分が可愛がりたいときにだけ相手をしたいのであれば、動物園や動物と触れ合える施設に行くので問題ないはずです。

いつでも愛情を持って接してあげて、健康に過ごしてもらうにはお金が掛かります。
ここでは動物を飼う時に掛かる費用について書いていきます。

ペットホテル代

少し旅行に行ったりしてペットを連れて行けない場合は、ペットホテルに預けないといけません。
ペットの大きさにもよりますが、大体一泊5,000円ほどの料金になっています。

手入れをするトリマー代

ペットの種類によりますが、大よそ5,000円~10,000円ほどします。
自宅でシャンプーしたりするのでもいいですが、定期的にトリマーに診てもらう方が健康状態なども確認してくれるので安心です。
別途、爪切りや細かなケアも健康維持のためには必要です。

もしもの時の治療費

普段の生活で誤飲してしまったり、散歩中に交通事故にあってしまったりと予期せぬ事態で病院に行くこともあります。
その時には費用が発生してしまいますが、「お金が勿体ないから医者に診せない」ということはしないでください。

当然ながら言葉で症状を伝えることが出来ないので、異常に気が付いた時は病院に連れて行きましょう。
また、価格ドットコムによればペットの平均寮費は152,466円となっていました。

参考:https://hoken.kakaku.com/insurance/pet/select/cost/

去勢手術も

環境やペットによっては去勢手術をする場合があります。
その際も手術代が掛かりますが、大よそ30,000~50,000円程度します。

消耗品など

食べ物やゲージなど、細かな所でも出費があります。
また、老化が進んだ場合にはオムツなどの必要になってきます。

犬、猫の場合月に7,000円~10,000円ほど掛かるようです。

ペットでお金儲けをしようと思っていないか

最近では、SNSで動物を使って集客したりする方もいますが、動物を「お金を稼ぐための道具」として利用しようと思っていませんか?

愛くるしい動物の映像はつい見入ってしまう物ですよね。
その効果を狙って、軽い気持ちでペットを飼って、自分が思うようにいかなかったことを理由に捨てたり、世話をしなくなったりする人がいます。

このような利己的な理由で命を軽く扱わないでください。

生涯、見送るまで飼える状況か

ペットを飼う時に、今の状況で迎え入れて責任をもって最後まで飼えるのかどうか今一度考えて欲しい。
途中で飼えない状況になるかもしれないと思うのであれば、無理に飼わずにしっかりと迎え入れられる状況になってからにしましょう。

ペットロスに陥ることも

我々人間に寿命があるように、ペットにも寿命があります。
ペットとして迎え入れる動物のほとんどは人間よりも寿命が短い生き物です。

最後の別れを覚悟してあなたはペットを飼う事が出来ますか?

飼わない決断も必要

ペットを飼いたくなる気持ちはわかります。
ですが、もう一度動物の気持ちを考えてみて下さい。

「一人暮らしで家を空けることが多い」「アレルギー体質で共存が難しい」「ペットが飼えるマンションじゃない」などなど。

今の状況で迎え入れて問題はないかもう一度考えて下さい。

さいごに

よそのペットを見て「可愛い」と思い、責任の重さに気付かずに飼ってしまわないように、今一度ペットを迎え入れても問題がないのか確認してほしいと思い、この記事を書きました。

人間のエゴでペットとして生きている動物に、幸せだと思える時間を与えてあげられるようにしてください。

言葉は話しませんが、きっと大切に育ててくれた飼い主さんと動物に間には言葉よりも大切な何かがあるんだと思っています。

拙い文章でしたが、ここまでお読みいただきありがとうございました!

ペット動物虐待に対して抑制になるのか。動物愛護法の改正案についてどうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です! 人間社会で疲れた時、言葉が通じなくてもただそばにいてくれるだけで元気...