気になる事を調べたお話

元ADが教えるラジオでメールが読まれる確率が上がる法則・下がる法則

どうもサラリーマンブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です!

あなたは普段ラジオを聞きますか?

あなたが知らない音楽を教えてくれたり耳寄りな情報を教えてくれたりするので有益な事を発信しているので僕は好きです!


ラジオといえば、番組を盛り上げるのに欠かせないのが
リスナーからのメールではないでしょうか?

そして好きなパーソナリティーに読んでほしいと思い、
自分の気持ちを乗せて送ったメールが読まれないなんてのは悲しいじゃないでしょうか?

他のリスナーメールが採用された時の悔しさと言ったら・・・

 

ぼく
ぼく
くやしいぃ・・・

 

そこで元ラジオ番組のADとしてメール捌きをしていた僕が教える
メールを読まれるためのコツを教えたいと思います!

 

ではどういったメールが読まれるのでしょうか。

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
早速見ていきましょう!

読まれるメール

読んでいる人の為になるようなメール

まず読まれるメールのためのポイントの一つとして挙げると、
読んでいる人のためになるようなメールを送る!

番組も放送時間が決まっているので、届くメール全てを読む訳にもいきません!
そこで読んでもらう為にも目を引くには他の人にはない情報を与えることです!

ちょっとした博学とか為になるような聞いていて面白い内容のものがやっぱり選ばれます 。

匿名さん
匿名さん
それってどんなメールなのさ?

 

読んでいる人のためになるようなメール。
それはどういったメールなのか説明すると、自分の住んでいる地域のイベント事やテーマにまつわる耳寄りな情報ですね!

そういったものはパーソナリティさんも興味を引きますし、なおかつ聴いているラジオリスナーも新しい情報を知ることができるので紹介する価値のあるメールという風になります。

 

ぼく
ぼく
地元には〇〇が有名で県内では一番人気があります!などね!

 

メールテーマに関係していること

基本的なところねっ!

番組によってはメールテーマを設けていると思うので、メールテーマに関係していることを書いて送りましょう!

ここで、「今日は僕の誕生日なんです!よかったらお祝いしてください」と言うメールは、送った本人以外クソどうでもいいようなメッセージになります。

そのようなメールは番組によっては無視されます。

ただしそういったものも拾ってくれる優しいパーソナリティさん(DJ)がいる番組もあるので、全く読まれないということはありませんが、読まれる確率は低くなるということをここでお伝えしておきます。

やっぱり大前提として番組の内容にあったものを送るというのが重要になってきますので、メールを読まれたいのであればメールテーマに関係していることを送りましょう!

 

ぼく
ぼく
意外とテーマ以外の事を送ってくる人が多いのよ!

生放送なら呼び掛けのメール

このポイントは生放送でしか使えないんですけども、番組放送中にDJが呼びかけた知りたい事を送ると読まれる確率はぐんと高くなります!


例えば昨日クリスマスだったけど、クリスマスに振られた人いるのかな?とか話して、
いたらメール下さい!と呼び込みをすることがあります。

そんな時にピンポイントのメールを送ると読まれる確率が上がります!

また、別の事でもリスナーさんに「〇〇について詳しい情報お待ちしています」という風に呼びかけることがありますが、その呼びかけに反応できるようなメールを送れば読んでもらえる可能性が格段に上がります!

 

ぼく
ぼく
生放送ならではのやりとりなので反応が早い人の方が有利かな!

正しい情報の内容

たとえメールテーマの内容と合っている内容もメールでも、信憑性が低いものだと
正直読まれることはほぼありません!

間違えた内容を電波に乗せて放送をすると、放送事故の恐れもあるので番組のスタッフとしても選定したくありません!

選定してメールを渡したスタッフが悪いですが、訂正して謝る時はDJの役割になっているので聴いている人も良い気持ちにはなりません。

なので、メッセージを送る際は信憑性の高いような内容のものを送りましょう!
あなたの勘違いでうろ覚えの内容で送らないように気を付けるのが吉!

これもまた番組にもよりますが、基本的には電波に乗っけていいような情報を書いてくれている人の方を採用したくなります。

 

ぼく
ぼく
間違った情報はクレームにも繋がるからスタッフも慎重になるんだ!

特殊な経験や面白いメール

単純に面白いメールや変わった経験をしているような内容は番組も盛り上がるので読みたいです!

やっぱり他の人とは違うような内容のものは興味があります。

面白いメッセージの定義は難しいけれど、ありきたりな内容ではメール数が少ない番組でないと読まれないと思ってください!

面白いメッセージは番組スタッフたちも楽しくなりますし、聴いてくれているリスナーさんも楽しめるから、番組を盛り上げるメッセージは非常に読まれる確率が上がります!

 

ぼく
ぼく
番組も面白くなるってのがデカイ!

新規のリスナー

メール内容が薄くても読まれる確率が上がるのが新規のリスナーさん!

番組にはヘビーリスナーさんが増えてくるので、「またこの人かぁ・・・」という気持ちになります。

番組の意図を読んで送ってくれるベテランリスナーよりも、新規のラジオネームの方を見かけると、この人初めてだし紹介したいなって風になってきます。

この場合ハードルはぐっと下がりますので、「今日初めてメッセージ投稿しました!いつも聴いています!」というような感じの言葉を一言を入れてメールテーマなど入れれば内容が普通でもほぼ読まれます!

でもヘビーリスナーさんは、メールテーマの意図を読み取るのも上手くなってるから面白いメッセージ書いて送ってくれるんだよなぁ。笑

 

ぼく
ぼく
知っている人は知っている。鼠後輩とか面白かったな。笑

文章が読みやすく改行されてたり、分かりやすい文章で送る

メールを送ってくれるリスナーの中には面白いんだけど、ぱっと見で理解しにくい内容の物を送ってくる人がいます。

もちろんスタッフが読みやすいように修正しますが、内容によっては修正できないような文章で書いてくる人がいます。

そうなってしまっては読めないので、他の人が見ても理解できるような文章で送ることを意識するといいです!

 

ぼく
ぼく
分かりずらい文章は訂正するのにも時間もかかるし、スタッフからも嫌われるのだよ!

時間帯を意識して送る

番組でメールテーマを募集するのは放送が始まる前から告知で募集されます。

なので放送が始まる前に送るとスタッフもメールをしっかり目を通すこともでき、DJさんにも前もって渡すことが出来ます。

なので、番組を進めるうえでも早めに送ってもらえると構成でメール内容のコメントとかも準備出来るので読まれる可能性を上げる事が出来ます!

 

内容に問題なければ、放送で読むメールストックとして破棄されることなく残るので番組が始まる前に送るというのは非常に効果があります!

 

ぼく
ぼく
ってかスタッフ的にも助かる!笑

読まれないメール

さて、これまでは読まれるメッセージを紹介してきましたがここからはこんなメールだと読まれないよというポイントを教えていきたいと思います!

それでは早速行ってみましょう!

テーマに関係ないメール

メールテーマを募集しているのに、全くテーマに関係ないメールを送るとほぼ読まれません !

テーマと関係ないじゃんということで印刷すらしないと思います!笑

放送中の番組の中で起きたことについてのメールなら読まれることもありますが、王道で行くならきちんとメールテーマの内容で送りましょう!

(実際はメールを捌くADが、DJさんに渡す前に弾いてしまうと読まれることはなくなるんですが・・・)

 

ぼく
ぼく
とにかくフリーテーマじゃなければテーマ内容を送ろう!

 

他人を中傷するメール

電波に乗せて言葉を届けるものなら他人を中傷するようなメールは基本的には読まれません!

ですが、オールナイトニッポンや深夜帯の番組だとそういうちょっと口の悪いコーナーもあるので、されるパターンもあります!

有吉のサンデーナイトドリーマーとかねっ!笑
(悪口だけど「あいつこんなこと言ってました」のコーナーは最高におもしろいけどね!)

そういった番組にあった誹謗中傷ではない限り、まずメールは読まれませんということを覚えておいてください!

大体番組スタッフが内容を確認して、ひどい内容のものはDJさんの元に届くことはありません!

 

ぼく
ぼく
番組にあった内容のメールを送ろう!

 

ありきたりなメール

全く面白くないメール。ありきたりなメールは基本的には読みません!

例えば、、、

匿名さん
匿名さん
今日は天気がいいですね。少し散歩してこようと思います。

 

こういうメールをもらっても話を膨らませるのが大変なので。
中身が無さすぎるのでメールの数が少なくない場合や新規リスナーでない限り、基本的には読んだりはしません。

そういうメールは紹介する時間ももったいないので、Twitter でつぶやく程度のメールはスルーされることが多いです。
読まれるためには何か興味のあるような内容にしましょう!

ぼく
ぼく
よく読まれるリスナーさんの内容を参考にするのも手だよ!

信憑性の低いメール

イベントがある時の放送や、季節に関するテーマで募集している時に信憑性が低い内容で 送ってくると読まれない事があります。

スタッフの力量にも左右されますが、メールの内容の詳細が正しいのか間違っているのか調べる必要があることに関係しています。
調べても正しい内容かどうかの判断が出来ない場合は信憑性が低いため、不確定な内容については放送する事は出来ません・・・

読む場合は言い切らずに、「〇〇らしい」と言ってぼやかして読んだりはします。笑

 

ぼく
ぼく
細かく書いてくれているとありがたいんだけどなぁ

番組に合わないメール

番組にはやっぱり色というものがあるので、番組に合わないようなメッセージ内容を送ってしまうと読まれません。

これはちょっと難しいかもしれませんが、ほのぼの系の番組で結構どぎつい下ネタとか入れても読まれないと思うんですけど、、、

つまりはそういうことです!笑

逆に深夜帯のところだとそういう下ネタ系でも採用されますが、日中の番組ではほぼ採用されません。
てか、絶対されないと思います!
メールを紹介した番組に苦情がくるからね!笑

 

ぼく
ぼく
というわけで番組の色に合った内容を考えて送ろう!

 

他番組で要注意人物になっているリスナーメール

いわゆるブラックリストメールリスナーみたいなものもちょこっと存在するらしいということにしときましょう!笑

いわゆる変なメールを送ってくる人ね!

アンチというものがこの世に存在すると思うんですが、
そういう方のメッセージは基本的には読まないようにしています。

他の番組でもそういうことをしている人が違う番組にメッセージを送ってきた時でも、
大体局で共有されているので省かれることが多いと思います。

他の番組では礼儀正しい感じでも、他の番組に中傷的なメールを送っていてはマークされます。

悪質なメ―ルはチェックされているのでやめましょう!
メールは読まれませんので!

改善目的のメールなどは歓迎ですが、人を傷つけるような内容は絶対にしないでね!

 

ぼく
ぼく
楽しい放送にしたいからねっ!

 

他に気を付けたい事

これまで読まれるメール・読まれないメールについてお話しましたが、もうひとつリスナーとして意識してほしいことがあります。

それは、、、

 

番組と近くになりすぎないことです!

 

良心的なリスナーに多いんですが、番組との距離感が近くなりすぎて余計なおせっかいとか口うるさいクレーマーになっちゃうんですよね。

有難いんだけど、適度な距離感が合った方がやりやすいですね!笑

番組とのほどよい距離感を保つ。
これも意識すると良いかもしれません!

それでいて的確なおもしろいメールをくれるリスナーはラジオリスナーも番組スタッフからも一目置かれる人になります。

色々と力みすぎる必要はありませんが、楽しい番組を作っている一員として一緒に楽しんでいけたらいいですね!

しゅうじんの鳥
しゅうじんの鳥
アイドル系のファン層にこの言葉を送りたいです!笑

⏹️まとめ

今回はラジオ番組でメールが読まれるポイントと、逆に読まれないポイントをお伝えしましたがいかがでしたか?

まとめると・・・

放送前に送り、面白いメッセージと有益なメールは読まれる!

信憑性が低い内容とありきたりなメールと他人を中傷するようなメールは読まれない!

そのポイントを押さえておけば、あなたのメッセージは今よりも格段と読まれると思います 。
そして最強のハガキ職人となって認知度を上げまくってください!

ラジオ番組スタッフでも、「この人のメッセージ面白いしなー」っていうお気に入りのリスナーが出来るので、ちょっと採用率も上がるかもしれません。

ということでちょっとしたラジオ番組の裏話もお伝えしました!

別の記事ではラジオが使えるアプリ「radiko」についても書いているので
こちらの記事もご覧ください!

ラジオが好きなら「radiko」を使って無料で聴いてみよう!どうも秋尋です! ラジオは好きですか? どっちでもない? あぁ、まぁそんなもんだよね。 今の世の...

おススメのラジオ番組の記事も書いています!

ラジオ名はポメラニアンじゃないよ!ホメラニアン!褒めるを習慣化させる番組どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です! 最近褒められていますか? そして褒めていますか? あれっ...
ラジオ業界に就職した時の仕事内容・給料・休みについて話します。どうも社会人ブロガーのしゅうじん(@syu__zin)です! あなたの周りにはラジオ関係の仕事をしている人はいるでしょうか? ラ...

ではまた次回の記事でお会いしましょう