バイク

モトブログ用のマイク位置。綺麗に音声を録音する方法について説明!

[chat face="c_choju22_0013_s512_choju22_0013_5-1-e1579601492505.png" name="悩むカエルくん" align="right" border="blue"style="maru" bg="none" style="maru"]フルフェイスでモトブログ動画を撮影する時、マイクの位置ってどこが良いのかな?[/chat]

ジェットタイプのヘルメットならサイドから出して使えるけど、フルフェイスだとピンマイクを使う事になります。
そしてヘルメットの中に入れることになるので位置を決めるのは少し難しいですね…

僕自身もモトブログ動画を撮影しているので、マイク位置を決めるのは少し苦労しました。

[chat face="bird.jpg" name="しゅうじんの鳥" align="left" border="green" bg="none" style="maru"]マイクで音が拾えていなければめちゃくちゃ勿体ないので、音声がしっかりと録れるポイントについて説明していきますね![/chat]

モトブログ用のマイクの位置について

GoPro 走行テスト

まず僕がモトブログ動画で録音しているマイクの位置ですが、口元にマイクを置いています。

丁度マイクを忍ばせて置ける場所があるので、その中に入れています。

モトブログ マイク位置2

モトブログ マイク位置8

固定ではないですが、音にムラもなく聞き苦しい感じになっていないかと思います。

実際の音声に関しては動画をご覧ください。

口元に置けるかどうかは、使っているヘルメットの種類やマイクによって差は出てくるかもしれませんが、口元に置いていただければ動画のような音質で録れると思います。

モトブログ動画は映像と音が命

gopro 録音されない

モトブログ動画では、『映像』『音』がとても大切になります。

映像が汚く、ざらついているようなものであれば、楽しく視聴できないかと思います。

音声も同じで、ガサガサと不要な音が入っていたり、音量が不安定なものでは不愉快な作品になってしまいますよね。

そうならない為にも、なるべく綺麗な音で安定した音量で撮れるようにベストの場所を探すようにしましょう!

[chat face="bird.jpg" name="しゅうじんの鳥" align="left" border="green" bg="none" style="maru"]僕も最初は音声が汚かったりと、苦労しましたが色々と調べたり試したりすることで、今の音質で録音できるようになりました![/chat]

モトブログで実際に録音している状況

ヤエー 意味

録音している状況の説明をすると、以下の機材を使っています。

【モトブログで使用している機材一覧】

  • GoPro8
  • 外部アダプター
  • ソニーのピンマイク

[chat face="bird.jpg" name="しゅうじんの鳥" align="left" border="green" bg="none" style="maru"]それぞれの設置は写真の通りにしています![/chat]

丁度口元にマイク放り込めるような場所があるので入れていますが、固定ではないのでヘルメットの脱着でまたマイクを入れ直しています。

適当な角度でも無指向性のマイクなので、全体的にムラなく音を拾ってくれるが便利!

※無指向性とは、マイクが音を拾う角度です。

モトブログで録音する際に必要な機材

初めてのモトブログを始める時に、何が必要になるのか。

[chat face="bird.jpg" name="しゅうじんの鳥" align="left" border="green" bg="none" style="maru"]必要な物を紹介していきます![/chat]

アクションカム

モトブログを始める時に必ず必要になる機材。
走っている映像を撮影する為に必要になるので、まずはアクションカムを準備しましょう!

モトブロガーが使用しているアクションカムには、『SONY』『GoPro』『Osmo Action』が人気です。

[chat face="bird.jpg" name="しゅうじんの鳥" align="left" border="green" bg="none" style="maru"]僕はGoProのアクションカムを使っています![/chat]

マイク

人によっては不要かもしれませんが、自分の声を録音する時に必要になります。

アクションカムのマイク端子に接続して録音することも出来ますが、ICレコーダーで音声を別録りすることも可能です。

多くのモトブロガーは、ピンマイクという小さなマイクを使っていますが、不要な風切り音を防ぐためにスポンジのようなマイクの風防を付けたりもします。

モトブログ マイク位置3

外部アダプター

こちらはGoPro用になりますが、シリーズによってはマイク端子が無いものもあります。

外部アダプターを使えば、外部マイクを使って録音出来るようになったり、給電しながらマイクも使うことが出来るようになります。

モトブログ マイク位置5

モトブログ マイク位置4

記録媒体(SDカード)

アクションカムで撮影する時に、必ず必要になるのがSDカード。

SDカードが無ければ撮影データを保存することが出来ないので、必ず用意しておきましょう!

また、機材によってはmicroSDカードタイプとSDカードタイプがあるので、規格にあったものを準備しておくように!

動画の音声が録れていないとこうなります

ヤエー うざい

次にお伝えしておきたいことがあります。

それは、本番の撮影前に必ずテスト撮影を行うことです!

これを怠ると、ほとんどの確率で撮影で失敗してしまいます。

[chat face="bird.jpg" name="しゅうじんの鳥" align="left" border="green" bg="none" style="maru"]例を挙げると以下になります。[/chat]

  • 撮影カメラの画角のズレ
  • マイクの位置
  • 必要な機材漏れ
  • アクションカムの設定

このような事態を防ぐためにも、ツーリングに行く際にまずは動画のテスト走行をすることをオススメします!

GoPro8のマイク音声が入らない不具合について

先程も少しお話しましたが、GoPro8で外部アダプターを使って給電しながら外部マイクでクイックキャプチャー機能を使うと、音声が入らないことがあります。

そして厄介なのがたまに録音される点です。

これにより、

[chat face="1.jpg" name="匿名さん" align="right" border="gray"style="maru" bg="none" style="maru"]「マイクの差し込みが甘かったのかな?」[/chat]

[chat face="1.jpg" name="匿名さん" align="right" border="gray"style="maru" bg="none" style="maru"]「外部アダプターの差し込みが悪かったのか?」[/chat]

など、別の所に問題があるのでは?と思い、「クイックキャプチャーが原因かも?」という要因を外してしまう事が起こります。

僕自身も調べて、どうやらクイックキャプチャーが原因だと、ようやくたどり着くことが出来ました。

今の所、解決策はありませんが、給電しないでクイックキャプチャーを使うと問題なく音声が入ることは確認できました。

[chat face="bird.jpg" name="しゅうじんの鳥" align="left" border="green" bg="none" style="maru"]詳細はこちらをご覧ください![/chat]

GoPro8を使ったモトブログ動画の音声が録れていない原因はQuikCaptureだった

最高のモトブログ動画を撮影していこう!

モトブログ マイク位置6

何度も失敗してようやく、綺麗な動画にすることが出来るようになりますが、出来るだけ失敗の回数は減らしたいですよね!

モトブログは映像と音声、どちらも重要なので、機材や設置の不備で失敗しないように参考にしていただけると幸いです!

[chat face="bird.jpg" name="しゅうじんの鳥" align="left" border="green" bg="none" style="maru"]それではこの記事のまとめを書いて行きます![/chat]

[box05 title="モトブログのマイクはこうしよう!"]

  • マイクの位置は口元がベスト!
  • マイクは無指向性のマイクを選ぶ
  • ピンマイクはマイク風防を被せる

[/box05]

ツーリングに行った様子なども書いていますので、こちらもご覧ください!

【バイクツーリング】日本海に囲まれた能登半島・珠洲市から見える景色

三浦半島の城ヶ島は、都心から2時間以内で行ける絶景のツーリングスポット

モトブログもやってます!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

-バイク
-,

© 2020 ローカルライダー Powered by AFFINGER5